SKE48 松井珠理奈が示唆する集団のあり方 SKEの強さの秘密

 

SKE48 松井珠理奈が示唆する集団のあり方 SKEの強さの秘密

 

名古屋SKE48の
大矢真那と斉藤真木子が
MCを務める
インターネットラジオK’zstationの
おしゃべりやってま~す第48放送♯5
11月20日更新分
ゲストはSKEの大エース松井珠理奈だ。
大矢真那は11月末の卒業を控え、
ゲストに、たった1人残される
最後の1期生の松井珠理奈を
呼んだ形になる。

松井珠理奈と大矢真那の
初期からの絆が語られる。
それもまた良い。

ただ、ここでは、
そういう「エモさ」は抜きにして、
松井珠理奈がSKEというグループを
どのように捉えているかを考えたい。

31’20″頃から松井珠理奈はこう語る。

「もし、めちゃくちゃ仲良くなりました、
 ってなった時にSKEって
 どうなるんだろう。
 私、不安はあるよね。
 その関係性が、プライベートで
 友達として仲良くなってしまった場合
 SKEの今まで積み上げてきたものは
 どうなるのかなあ。
 先輩がいて、厳しい時は厳しく
 してくれる人がいないと
 ダメなんじゃないかな。」

堺屋太一(元通産官僚、作家、
小渕内閣の経済企画庁長官)は
著書「組織の盛衰」でこう述べる。

「伝統も名声もある組織が
 実に短期間に滅亡する例も
 少なくはない。
 巨大組織の「死に至る病」に
 罹った場合である。
 その原因は3つしかない。
 「機能体の共同体化」
 「環境への過剰適応」
 「成功体験への埋没」である。」

「組織には機能体と共同体がある。
 共同体とは、構成員の幸せを
 追求するための組織であり
 機能体とは、一つの目的を
 達成するための組織である。
 ところが、軍隊、官庁、企業
 といった機能体が、
 「構成員の共同体化」する危険は
 常にある。」

「機能組織の共同体化を招く
 根本的な原因は
 組織倫理の頽廃である。」
(文庫版169~172ページ)

堺屋太一は、たとえば、
軍隊は戦争に勝つための機能体だが
日露戦争後、日本では、
軍人の利益のための共同体と化し、
大日本帝国は滅亡した、と述べる。

つまり、松井珠理奈は、
SKEというグループは
目的を達成するための
(もちろん、その向こうに
 個人の幸せがあるはずだが)
「機能体」であり、
それが馴れ合いの「共同体」に
なってはならないのではないか。
もちろん、機能体にも
共同体的要素が必要だが、
組織倫理が頽廃しないために、
プライベートが仕事に悪影響を
及ぼさないような配慮が
必要なのではないか、
と述べたのだと思う。
組織の衰退の原因の1つを
直感的に理解しているのだろう。

組織の病の2つ目
「環境への過剰適応」はどうか。
堺屋太一は、かつて映画産業が
テレビ番組制作に失敗したのは
入場料を払って映画館に見に来る客を
魅了する、莫大な期間と費用をかけた
高度な製作技術に特化したため、
家庭でお茶を飲みながら眺める
テレビ番組に求められる
安価な制作に対応できなかった、
と述べる。

この点SKEは、
先日のユニット対抗戦で
王道アイドルあり、笑いあり、
ダンスありと多様性を見せてくれた。
まだ、心配はないだろう。

組織の病の3つ目
「成功体験への埋没」はどうか。
堺屋太一は、旧日本軍は
日露戦争の日本海海戦で
完勝したがゆえに、
太平洋戦争においても
大艦巨砲主義を
抜け出せなかったと述べる。

SKEは、全力パフォーマンス、
軍隊のような整然とした
パフォーマンスが
「らしさ」とされてきた。
それが評価されて現在の地位がある
と言うこともできるだろう。
しかし、一部メンバーから、
新たな「SKEらしさ」が必要なのでは
ないか、という声もある。

何を変えてはならなくて、
何に固執することが
「成功体験への埋没」なのか。
このあたりのバランス感覚も
SKE48には求められている。

1つ言えるのは、SKE48にとって
松井珠理奈を得たのは、
単に真ん中に立っている人ではなく、
齢20歳にして、このような思考を
する人物という意味でも、
僥倖だったのではないだろうか。

 

受験の勉強法・参考書

Twitter