SKE48 杉山愛佳 市野成美が研究生公演に出演! 2017年12月2日

 

SKE48 杉山愛佳 市野成美が研究生公演に出演!2017年12月2日

 

2017年12月2日(土)
SKE48チームSの正規メンバー、
7期生の杉山愛佳が
研究生公演に出演した。

また、12月4日(月)の
研究生公演には、
チームEの5期生、
市野成美が出演する予定だ。

市野成美の公演番長ぶり、
レッスン場の住人ぶりは
もはや言うまでもないだろう。
正規メンバーだったにも関わらず
年間公演出場回数2位を
7周年と8周年で
2度獲得している。

杉山愛佳は8周年で
年間公演出場回数1位を獲得した。
公演でもダイナミックなダンスが
印象的。
7期ドラフト2期に対しては、
ダンスを厳しく指導していたという
証言もいくつか聞かれる。
本人も度々口にするように
宮前杏実にあこがれている。
桑原みずきになりたかったのが
宮前杏実で、
宮前杏実になりたいのが
杉山愛佳なのである。
チームS、SKE魂の
正当な継承者と
言えないこともない。

杉山愛佳は12月2日の
公式ブログで
研究生公演出演について
「杉山今日ちゃんと
 先輩出来てたかな。。。?
 と思ったけど今日は
 たくさんの子と
 お話出来たしよき( ¨? )」
と綴っている。
リハや楽屋などで
8期生と積極的に
コミュニケーションを
とったのだろう。

市野成美に至っては
そうなるに決まっている(笑)。
杉山愛佳、市野成美の
2人の公演番長の
研究生公演への出演は
8期への良い教育に
なるのだろう。

そこで、ドラフト3期の教育について。
総責任者は斉藤真木子あたりを
任命するにせよ、
D3の現場の教育係は、
市野成美、杉山愛佳あたりを
公式に任命して
任せてしまってもいいのでは
ないだろうか。

市野成美を
総責任者に任命して、
SKE次期キャプテンへの
箔つけにしてもいいと思う。
杉山愛佳も、もう一つ
伸び悩んでいる印象だ。
教育係は彼女自身の
躍進のきっかけにもなるだろう。
彼女たち自身のキャリアのためにもなる。

もう一つは、
責任の所在を明確にすることで、
D3の教育も適切に遂行されるだろう。
『意外にマンゴー』発売時の
ゼロポジ公演で露呈した、
8期生の一部が踊れていない、
意識の低さが露呈した
いわゆる「8期生問題」のようなことは
起こらなくなり、
SKE全体のためにもなるだろう。

かつて、7期生オーディション期間中に
まだ研究生だった松村香織は
「7期の教育は真木子にお願いしたい」
と語ったことがある。
22ndシングル選抜の中核を占める
6期生を育て上げたのは
松村香織と言っても過言ではない。
松村香織は、SKE屈指の
教育力の持ち主である。
が、彼女は自分が
ダンススキルなどの部分において
SKEの正統では無いと自覚して
教育係を辞退したいと思ったのだろう。
しかし、松村香織はチームKⅡに昇格し、
7期と関わることはなくなり、
「7期はみんなで育てよう」
ということになった。

この「みんなで」という言葉の
責任の所在の不明確さが
問題だと思う。
第二次大戦後の東京裁判で
日本の戦争責任を調査した時、
「みんなで決めた」という感じで
責任の所在が
非常に不明確だったという。

7D2の研究生公演のときも、
ドキュメンタリー映画の
ブルーレイに収録されているように
初日前日に松井珠理奈が自ら
指導をし、危機感を煽るという
状態であった。
(映像用の演出でもあることは
 否定しない)

本来、新人教育は
スタッフの仕事であり
アイドルの仕事ではないだろう。
しかし、メンバーの優秀さ、
メンバーの組織人としての
モラルの高さで
なんとか持ちこたえてきたのが
SKE48なのだと思う。

かつてAKB1期生の浦野一美は
3期生のチームBに移籍し、
チームBを快進撃と
リクアワでの『初日』の1位へ
導いた。
前田敦子、小野恵令奈、松井珠理奈を
従えて『渚のcherry』を披露したのは
そのご褒美だったのだろう。
教育力のある人材に対する
そのような評価は
今こそ、AKBグループのために
必要なのではないだろうか。

 

受験の勉強法・参考書

Twitter