SKE48 組閣をしなかった英断 野村実代、井上瑠夏、北川愛乃の8期3人のチームS加入

 

SKE48 組閣をしなかった英断 野村実代、井上瑠夏、北川愛乃のチームS加入

 

秋葉原AKB48さんが
組閣をしたそうですね。
姉妹グループメンバーの
兼任も解除されたそうです。

私は秋葉原AKB48のことは
あまり詳しくないです。
ただ、漠然と、
チーム8がいれば、
姉妹グループの兼任がなくても
なんとか戦えるようになったのでは
と思っています。
詳しくないので、あくまでも
イメージですが。

そしてSKEの湯浅支配人の
このツイートが話題になりました。

 

それに対する松村香織のツイート

 

 

 

SKEって楽しいですね(笑)。

さて、SKEでは、一時期
「チームS問題」という言葉があった。
主力メンバーが次々に卒業し、
選抜、握手、選挙などの指標で
KⅡ、Eとのアンバランスが
生じてしまった。
かつ、先日発売された
「100%SKE48」(白夜書房)では
「劇場公演の熱」という観点から
論じられてしまった。
私も「劇場公演の熱」の面が
S問題の本質だと思っていた。

このS問題に対して、
「組閣をすべき」という声もあった。
私はそういう人を
批判するつもりはない。

運営はどうしたか。
チームSに井上瑠夏、北川愛乃、
野村実代を昇格させて対応した。
この采配は素晴らしかったと思う。
私見だが、井上瑠夏、野村実代の
「正統派アイドル」としての
ポテンシャルは、SKE史上
屈指なのではないか。
みよまるーちゃんの
ラブクレッシェンドへの抜擢は
私はアリだったと思っている。
若干政治的な臭いはするが。
北川愛乃のパフォーマンスは
「S」にふさわしい素晴らしいものだ。
しかも、北川愛乃は昇格時に
「がむしゃらさがあまり見えない」
と言ったという。
このイキのいい3人の昇格により
7D2のお尻に火が着いたと思う。
8期昇格以来、S公演は
明らかに良くなったと思う。

チームSが、選抜、握手、選挙の
指標で、KⅡ、Eに追いつくのは
まだ時間がかかるだろう。
それは、若手が多いから仕方がない。
しかし、公演の質は、
私は、すでにそこまで劣らないレベルに
達しているのではないかと思う。
しかも、伸びしろが大きいメンバーが
ほとんどである。

今回、組閣という選択肢を選ばなかった
SKE運営には敬意を表したい。

一方で、感情論から
組閣に反対するファン、
居心地の良さから
組閣に反対するメンバーもいる。
だが私は、組閣はすべきときには
すべきと思う。
(メンバーの卒業、加入により
 自然に組閣のように
 なるのかもしれないが)
過去のAKBグループの組閣は、
決して「残酷ショー」を
見せるためだけにやったのではなく
秋元氏とその周辺が
組織の衰退を防ぐために
組織論的に考えて
行ったものだと考える。

私はかつてこの投稿
松井珠理奈の発言をきっかけに
組織の衰退について考えた。
アイドルグループは、
人気商売でお金を稼ぐという
「機能体」であり、
アイドル個人の居心地の良さを求めた
「共同体」であってはならないのだ。
(もちろん、
 共同体的要素を大きく欠いた
 無味乾燥な集団では、機能体としても
 機能しないであろう。
 バランスの問題である。)

 

余談。
今回の昇格人事は素晴らしかったと思う。
しかし、『コレカケルアレ』で
北川綾巴と佐藤佳穂が共演した時、
北川綾巴は佐藤佳穂に「エロい女」と言った。
S公演のMCで北川綾巴が
佐藤佳穂に噛み付く展開を
見てみたかった気もする(笑)。

 

受験の勉強法・参考書

Twitter