SKE48 高木由麻奈の名古屋ウィメンズマラソンへの取り組み

 

SKE48 高木由麻奈の名古屋ウィメンズマラソンへの取り組み

 

2018年4月7日、いなべFM
『ラジオの時間やに』に
名古屋SKE48の4期生
高木由麻奈が出演した。

高木由麻奈は今年の3月に
名古屋ウイメンズマラソンに出場し
4時間59分57秒で完走した。
『やにラジ』では、
マラソンに向けて
どのような練習をしたかを語った。

高木由麻奈は、
東海テレビの特集で走った他は、
プライベートでは3、4回しか
走らなかったという。
筋トレはしていたそうだ。
その結果、2017年の
5時間14分57秒に比べ
15分の短縮に留まった。

高木由麻奈にも事情があるだろうから
練習量の少なさを批判するつもりはない。
ただ、適切な練習をすれば
4時間を切るくらいは
そう難しくないのではないかと思う。

まず42Kを走るのに必要な持久力は
数キロの校内マラソンなどとは
全くの別物である。
42Kを走り切る筋持久力
内臓の強さなどを
鍛えなければならない。
これは、実際に長い距離を
走り続けることでしか
養成できない。

練習量は多ければ多いほうがいいが、
コスパを求めるなら、たとえば、
走るのが週1だったとして、
その1回をゆっくりでいいから
20Kほど走り続けると
トレーニング効果が
全く違ってくると思う。
マラソンを走りぬく筋持久力
有酸素能力が向上するだろう。
週2で走れればなおいい。
このくらいで、
あとは少しレースペースを
意識する練習を入れれば、
4時間切りくらいは
わりと簡単に達成できるのではないか。

たとえばモデルの長谷川理恵の
ベストタイムは3時間15分である。
純粋な趣味として楽しむなら
今のままでもいいが
仕事につなげるなら、
もう少しインパクトが
必要かもしれない。

マラソン初心者の練習法

受験の勉強法・参考書

Twitter