SKE48 松井珠理奈 紅白歌合戦2018 AKBでのポジションの違和感

 

SKE48 松井珠理奈 紅白歌合戦2018 AKBでのポジションの違和感

 

AKB48選抜は
2018年12月31日に紅白歌合戦で
『恋するフォーチュンクッキー』を披露した。
2013年の総選挙選抜曲だ。
センターはそのまま指原莉乃。
2013年に6位だった松井珠理奈は、
紅白歌合戦では、
全体のポジションが
一致するのかはわからないが
5位の篠田麻里子あたりの
ポジションに入った。
6位のポジションは、
指原莉乃のすぐ右後ろで
当時、よく映るな、という印象だった。
指原莉乃の後ろ、
6、7位の本来W松井のポジション
あたりには、秋葉原AKBの小栗有以と
向井地美音が入った。
4位あたりのポジションには

岡田奈々が入った。

指原莉乃のサイド、
2位、3位のポジションは、
柏木由紀、横山由依だった。
柏木由紀は初代チームBで
指原莉乃と同じチームだった。
この2人は初代チームBとしての
アイデンティティを
持ち出すことがある。

横山由依は「地方組」で
指原莉乃と仲が良い。

そういう意味での
起用だったのかもしれない。

まあ、2013年当時のオリメンは
ほとんど残っていないので、
当時のポジションと比較するのは
ナンセンスなのかもしれない。
しかし、松井珠理奈を順位1つぶんだけ

スライドさせた意味は…?
と思うのである。

さて、年が明けて、
TBSのカウントダウンTV。
AKBの1曲目は、2018年の総選挙選抜曲
『センチメンタルトレイン』。
センターは総選挙1位の松井珠理奈だった。
2曲目は、2018年総選挙の投票権がついた
『Teacher Teacher』。
本来のセンターの小栗有以は
深夜の生放送には出演できない。
アンダーセンターは柏木由紀だった。
柏木由紀のパフォーマンスは
素晴らしかったと思う。
出だしのショットから雰囲気があった。

ただ、思うのである。
AKB史上、柏木由紀は、こういうときに
センターに起用される人だっただろうかと。
本人も「まさか」とツイートしている。

AKBの西武ドームコンサート。
前田敦子が体調不良で、
結局は出たのだが、
アンダーに指名されていたのは、
松井珠理奈だった。

 

余談1
『恋するフォーチュンクッキー』
のテレビ披露では、2013年当時は
「人生捨てたもんじゃないよね~」
で全体が左右に動く時、
たとえば、大島優子と篠田麻里子が
アイーンをしたり、
渡辺麻友と柏木由紀が
「ヅカポーズ」をしたり、
カメラに向かって
悪ふざけをするのが恒例だった。

今回の紅白では、
何人かが控えめに
アクションを取っていたが、

一番目立ったのは、
松井珠理奈がBNKのメンバーと
肩を組んでピースをした
パフォーマンスだっただろう。

AKB魂を継いでいるのは
やはり、松井珠理奈なのだ。

 

余談2
2013年の総選挙で16位、
『恋するフォーチュンクッキー』の
序列が最下位だった
須田亜香里は、
当時は、
最後列端っこから、
目一杯大きく動いて、
笑顔を絶やさず、
なんとか目立ってやろうと
必死だったように思う。
後列にカメラが来たときに
猛然と駆け寄ったこともある。
今回の紅白では、
序列を上げてもらっていた。

 

受験の勉強法・参考書

Twitter