SKE48 2019年2月14日の青春ガールズ公演に9期生が出演予定、ダントツ先輩は浅井裕華!

 

SKE48 2019年2月14日の青春ガールズ公演に9期生が出演予定、ダントツ先輩は浅井裕華!

 

2019年2月10日に
2月14日の青春ガールズの
出演メンバーが発表された。

9期生の
青海ひな乃
荒野姫楓
石川花音
岡本彩夏
田辺美月
が公演デビューの予定だ。

他の出演メンバーは
7期生
浅井裕華
ドラフト2期生
なし
8期生
井上瑠夏
坂本真凛
大芝りんか
倉島杏実
野々垣美希
深井ねがい
ドラフト3期
大谷悠妃
中野愛理
西満里奈
平田詩奈
である。
浅井裕華以外の7期生、
7期生とほぼ同期の
ドラフト2期生も出演しない。
浅井裕華がダントツの先輩である。
これにはなにか意味があるのだろうか?

浅井裕華。
最近、握手の売上が伸びているようだ。
最近では重い、面倒くさいキャラで、
少し前は、ゆうかたんにゃんだった。

ただ、さらにさかのぼると、
オーディション映像では
「学級委員でまとめるのが得意」
とアピールしている。

筆者はこのオーディション映像を見て、
聡明そうな子だな、と思った。
7D2の研究生公演のMCでも、
学級委員気質、姉御肌の
発言が見られたと筆者は思っていた。
そして、小学生のうちに、
S、KⅡ、Eにアンダー出演し、
研究生公演ではセンターを務めた。

さすがに、現チームEでは、
後輩、年少ということもあり、
学級委員気質、姉御肌を
発揮するのは難しいのだろう。

浅井裕華と佐藤すみれの
関係については
佐藤すみれと浅井裕華
という記事で書いた。
ゆうかたんにゃんとATMお姉さん、
というのはキャラであり、
佐藤すみれは浅井裕華が
妹系ではなく、むしろ逆、
姉御肌で、仕事に対しても真摯、
SKEを託せる人材だと見抜いた上で、
おかしいくらいに
可愛がっていたのである。

筆者は少し前まで、
SKEのキャプテンは
斉藤真木子→市野成美→浅井裕華
と受け継がれていくのではないかと
思っていた。
ところが、市野成美は卒業した。
卒業間際、市野成美はたしか、
公式ブログ、雑誌など各所で、
浅井裕華に後事を託すような
発言をしていた。

筆者は浅井裕華が大好きなので、
気付いていたのだが、
ここのところ、青春ガールズ公演で
浅井裕華が『雨の動物園』
に出たときには、
ほぼ(必ず?)浅井裕華はそのまま
MCに残っていた。
これに何らかの意味はあったのだろうか?

そして今回、
浅井裕華はリーダーシップを発揮する
機会を得た。
このようなメンバー構成が
続くのかはわからない。
しかし、筆者は、運営の浅井裕華への
何らかの期待の現れではないかと
思うのである。

 

受験の勉強法・参考書

Twitter