SKE48 小畑優奈が卒業発表

 

SKE48 小畑優奈が卒業発表

 

2019年2月12日
SKE48のチームKⅡ公演にて
小畑優奈が3月末での
卒業を発表した。

小畑優奈は2015年3月加入の7期生、
SKE48の21st、22ndシングル
『意外にマンゴー』
『無意識の色』
ではセンターポジションを努めた。

しかし、最近、たとえば、
AKBシングル選抜への抜擢は
菅原茉椰が小畑優奈に
取って代わり、
多くの人が違和感を
持っていただろう。

センターを努めた
中核メンバーでありながら
若くしてSKEを去る小畑優奈を
筆者は責めるつもりはない。
運営が勝手に抜擢したのだし
4年も在籍したのだ。
十分奉公しただろう。
小畑優奈にも辞める自由がある。

小畑優奈を抜擢した運営を
責めるつもりもない。
筆者は、2017年12月、
『無意識の色』のMVが公開された時、
松井珠理奈がセンターであること
という記事を書いた。
筆者は、小畑優奈のアイドル性、
センター適性などには触れず、
松井珠理奈と野村克也氏の対談、
野村克也氏の著書から引用し、

「中心なき組織は機能しない」

「彼ら(エース、四番打者)は
 チームの鑑となって組織を牽引し
 勝利へと導いていかなければ
 ならない」

「まず組織のために身を挺する
 覚悟がなければ組織そのものが
 成り立たない」

松井珠理奈がただ物理的に
真ん中に立っていたのだと
思っている人が多いようだと、
SKEは急速に衰退するのでは
ないだろうか。

松井珠理奈は
「中心なき組織は機能しない」
といった用法においても
中心、センターだったのである。

と書いた。
上から目線で恐縮だが
SKE運営に
このような視点を求めるのは酷だろう。

松井珠理奈は現実に
10年間SKEを辞めなかった。
AKB移籍、卒業、など、
他の選択肢もあったはずだ。
それどころかAKB兼任を蹴って

SKE専任に戻ってきた。
松井珠理奈にはSKEという
「組織のために身を挺する覚悟」
があった。

筆者は松井珠理奈は
アイドルうんぬん以前に
得難い稀有な人材であると思う。

小畑優奈や運営を
責めるつもりはないが、
費やした資源を代わりに
江籠裕奈あたりに投入していたら
どうだっただろうか、とは思う。
小畑優奈お披露目の
ちょうど1ヶ月前、
現在、松村香織卒業関係で
リバイバル配信されている
2015年2月22日
シャッフルラムネの飲み方公演
チームE、研究生からの刺客を相手に
センターを務めた江籠裕奈は
素晴らしかった。

そう、
BUBKA2018年12月号SKE48ver.
の表紙は江籠裕奈と小畑優奈だった。

グラビアは、
2人で仲良さそうに
収まっているショットは
1つもなかった。
ソロのショットが多いし、
竹刀を構えて相対している
ショットもあった。
インタビューも別々だった。

小畑優奈の卒業を
運営や他のメンバーに責任転嫁する
一部の方々には一言申し上げたい。
あなた方は、なんでも
人のせいにして生きているのですか?
世の中でうまくいっていますか?
現在幸せですか?
世の中には違う考え方もあることを
学んでみませんか?

☆不幸になる生き方(集英社新書、勝間和代)

 

受験の勉強法・参考書

Twitter