SKE48 松井珠理奈 『ハムレット』で舞台初出演、初主演!

 

SKE48 松井珠理奈 『ハムレット』で舞台初出演、初主演!

 

2019年4月18日~21日
SKE版舞台『ハムレット』が
品川プリンスホテル クラブeXで
上演される。

松井珠理奈は、なんと
キャリア11年目にして
舞台初出演である。

かつて、松井珠理奈は、
SHOWROOMで
「自分には何も無いのではないか」
といった趣旨の、
スキルの無さに対する不安を
吐露していたことがある。

『マジすか学園』シリーズや
『モウソウ刑事!』(2011)など、
「村内」のTVドラマにはよく出ていた。
2016年には、
連続ホラードラマ『死幣』で
主演を努めた。
ただ、それらを通して、どれだけ
演技の指導を受けたかは、
筆者は知らない。

筆者は、たとえば須田亜香里は
中学受験の要領で、
スキルアップを図り、
芸能界の階段を
駆け上がっているのではないかと
AKB村を駆け上がる受験の成功者達
という記事で論じた。
(余談だが、須田亜香里は、
 中高時代の成績は
 芳しくなかったようである(笑)。)
須田亜香里は、かつて、
仕事がなくてかなり暇だったらしい。
ただ、その時期にも、
スキルアップのためのインプットを
欠かしていないと思える発言を
していたことがある。

それに対し、松井珠理奈は、
加入以来10年以上、
常に小忙しくて、
スキルアップのための
インプットをできないまま、
常に、アウトプットを
求められてきたように思える。
現場で学んだこともあっただろうが、
例えるならば、受験勉強をせずに、
模試を受け続けて、
その反省をし続けるような
ものだったろう。

たとえば、指原莉乃は
2011年1月から9月まで
『さしこのくせに』という
「さしこ育成バラエティ」と銘打った
番組を与えられていた。
MCは同じ太田プロの

土田晃之だった。
やはり太田プロの
ダチョウ倶楽部による

リアクションの指導、
彦麻呂によるグルメレポートの指導
などもあった。
ツッコミやトークを
育成する企画もあった。

2010年の総選挙は
松井珠理奈10位、
指原莉乃19位。
2011年の総選挙は
松井珠理奈14位、
指原莉乃9位だった。
筆者は、ぶち抜かれたな、
という印象だった。

その後も指原莉乃は、たとえば、
2013年から2017年まで
『HKT48のおでかけ!』で
フットボールアワーの
後藤輝基と共演している。
この番組も指原莉乃育成という面が
強かったのではないかと
筆者は思っている。

松井珠理奈は女優志望でありながら、
キャリア11年目にして初の
舞台出演である。
今回は技術的な指導も
みっちりと
受けられるだろう。

インプットを経た今後の
松井珠理奈のアウトプットに
大いに期待しよう!

受験の勉強法・参考書

Twitter