SKE48 2019年6月10日ゼロポジ公演 江籠裕奈がセンターゼロポジに!!

 

SKE48 2019年6月10日ゼロポジ公演 江籠裕奈がセンターゼロポジに!!

 

2019年6月10日、
Zepp Nagoyaにて
SKE48のゼロポジ公演が行われた。

この公演は、あらかじめ、
センターゼロポジ(MVP)を決めると
発表されていた。

そして、センターゼロポジは、
審査員の
牧野アンナ、
ユリオカ超特Q、
斉藤真木子
の全員一致で
江籠裕奈
に決定した\(^o^)/

江籠裕奈は発表直後のコメントで
「SKEの活動で
 今の自分は何を目指して
 頑張ったらいいんだろうと
 モヤモヤしていた時期でも
 あったので」
と語った。
4月の生誕祭は
ポジティヴな言葉で締めくくったが、
再びモヤモヤし始めたのは、
7月発売予定の25thシングルのセンターが、
同期の5期生で、
前2作、それ以前のセンター松井珠理奈より
さらに
生まれが早い
古畑奈和に
決まったことも
あったのではないだろうか。
自分は小畑優奈より年上なので
半分あきらめていたが

自分にもチャンスはあったはずだ…。

牧野アンナは、
発表後のコメントで、決め手に
パフォーマンスのスキルの高さを挙げた。
「特に、『雨のピアニスト』を見たときに、
 指の使い方までが
 本当にしっかりしていて、
 すごく首のラインの
 出し方だったりとか、
 彼女のパフォーマンスは
 すごく誠実だな、と思ったのと、
 他のポジションを取っているときも、
 ちゃんと、その曲の色に染まって、
 色っぽい曲だったりとか
 明るい曲だったりとか、
 ハードでかっこいい曲のときには、
 ちゃんとそういうふうになれる」
「絶対的だなという感じがして、
 説得力がある」

と語った。

筆者も、江籠裕奈のパフォーマンスが
「誠実だ」と思ったことがある。
2013年4月、
初代チームSから1期生4人が卒業し、
S3rd『制服の芽』末期には
研究生だった江籠裕奈は
ユニット『狼とプライド』を
任されることがあった。
たとえば、間奏の、
膝をよじる脚さばきが
誰よりも丁寧なのである。
もしかしたら、
研究生公演も
そうだったのかもしれないが、

筆者も忙しいので、
江籠裕奈のパフォーマンスに
そこまで注目することはできなかった。
ご存じのように、江籠裕奈は
運動神経が悪い。
しかし、そのパフォーマンスには、
練習量を感じたというか。
筆者は当ブログで何回か書いているが、
その2013年4月に卒業した
鬼軍曹、桑原みずきは、
卒業直前に、公式ブログで
Sにアンダーで出ていた
5期生の向上心を褒め、
その中に江籠裕奈の名もあった。
そう、江籠裕奈は、
桑原みずきの卒業パフォーマンス
『オキドキ』の最後の1人である。

そもそも筆者がSKEびいきなのも、
SKEが「誠実」だからかもしれない。

斉藤真木子は、MVP発表直後の
江籠裕奈のコメント中から
(もっと前から)泣いていた。
一言求められたときも、
泣きながら

「江籠ちゃん、
 真木子はずっと見てたよ」

と語った。
ずっと」とはいつからだろうか?
筆者は、このゼロポジ公演中、
ということではなく、
江籠裕奈がSKEに加入した

2011年からずっと
斉藤真木子は江籠裕奈を
見守っていた、
ということだと解釈した。
その直後の江籠裕奈の

感極まった様子からも伺えた。
斉藤真木子は研究生時代の江籠裕奈を
「いつもレッスン場にいる」
と語ったことがある。
(『BUBKA』2012年7月号らしい)
そして、ゼロポジ公演の
最初の方の審査員の挨拶では、
注目メンバーに古畑奈和を挙げ
「入った頃から見届けている
 メンバーなので」
と語っている。
古畑の同期の江籠裕奈も同じだろう。

松村香織と6期生の関係が
注目されてきた。
斉藤真木子に当てはめると、それは、
松村香織と6期生の関係が始まる
少し前、研究生降格時代に、

自分のスパルタ指導についてきて、
共に「最強研究生」を作り上げた
5期生だろう。
しかし、5期生は早々に卒業し、
今や、江籠裕奈と古畑奈和のみと
なってしまった。
そして現在、
古畑奈和はあんな感じである(笑)。
(ネガティヴな意味ではない。)

斉藤真木子は2012年5月22日、
『見逃した君たちへ2』の
チームS『制服の芽』公演にて、
突然、「チームSに入りたい」と
言い出したことがある。
(当時、研究生降格中だった。)

こんな斉藤真木子と、
桑原みずきと斉藤真木子の2人の
薫陶を受けた江籠裕奈。
イデオロギー的にも近いだろう。
(ちなみに、古畑奈和は、
 S3rd『制服の芽』には出ていない。)

斉藤真木子は、
松村香織もいた雑誌の取材で

(『BOMB』2019年1月号かな?)
次期キャプテンに、
本人は望まないだろうとしつつも
江籠裕奈を推していた。

筆者は、斉藤真木子と江籠裕奈の
関係の1つとして、2018年に

2018年3月3日の斉藤真木子と江籠裕奈の長話

という記事を書いている。
前日、江籠裕奈率いる
『青春ガールズ』公演の初日を
斉藤真木子が公演実況していた。
ほとんどは、
他愛のない話だったそうだが、
江籠裕奈は、『青ガ』を率いる自分を
最強研究生を率いていた斉藤真木子に
重ねていたのではないか、
というのが筆者の推測だった。

筆者は江籠裕奈が大好きなので、
何本か記事を書いている。

BUBKA2018年12月号SKE48ver. 表紙は江籠裕奈と小畑優奈!!

2015年2月22日シャッフルラムネの飲み方公演リバイバル配信 センターは江籠裕奈!

SKE48 2019年 江籠裕奈生誕祭 報われるべき人

 

受験の勉強法・参考書

Twitter