【レベル・難易度・偏差値】塾で教える高校入試塾技80理科(文英堂)の使い方

 

【レベル・難易度・偏差値】塾で教える高校入試塾技80理科(文英堂)の使い方

 

 

レベル、難易度は?

 現在、上位都道府県立高校に合格しそうな校内順位、偏差値の少し下あたり人でないと使いこなすのは難しいです。
 具体的には、中学校の理科の教科書を理解して、学校のワークをほぼ全問解けるようになった人が取り組む問題です。
 『塾技』は、教科書に載っていないが、上位受験生が解けるような問題に必要なことは、よくまとまっています。一方で、教科書に載っているような基本は、教科書のほうが、詳しくてわかりやすかったりします。まずは、教科書と学校のワークに取り組みましょう。

 

使い方

 左ページに、教科書に載っていないが、上位受験生が解けるような問題に必要なことが、よくまとまっています。まず、最初の方のページの「光」の分野の、「鏡に写した物が見える範囲」「前身を鏡で見るための鏡の長さと位置」「2枚の鏡の垂直合わせ」といったところから、難しめの入試問題を解くために必要な「技」がよくまとまっています。
 左ページを見ながら、右ページの問題を解く。次に、使っていた問題集で、解説を読んでもよくわからなかった問題を解く。といった使い方で、都道府県立上位高校で合格点を取れるようになるでしょう。
 ただし、『塾技』の右ページの問題だけでは、入試に出る問題を網羅することはできません。

 『全国高校入試問題正解分野別過去問理科』は、全国の高校入試で出題された問題が分野別に再編成されており、入試に出る問題を網羅しやすいです。ただし、解説は良くないので、注意しましょう。

 

偏差値はどのくらいまで伸びる?

 先述のように、教科書を理解し、教科書ワークを全問解けるようにした上で、『塾技』をすべてマスターし、『全国高校入試問題正解分野別過去問理科』で入試に出そうな問題を網羅すれば、全員参加の模試(日本人の平均が偏差値50)で、偏差値70は十分に超えることができます。
 すべての教材について、できていない問題にチェックをつけ、できるまでひたすらくり返すのがコツです。

 

塾に行かなくても合格できる?

 ここまで述べたように、教科書には、もうひとつ詳しく載っていないが、上位校合格者は解ける問題の「技」について、ほぼ網羅されています。塾に行かないことによる、理科の情報不足の面を、『塾技』は適切に補ってくれます。塾に行かなくても合格できます。

 

塾に行かない高校受験
 高校受験の国語の勉強法
 高校受験の数学の勉強法
 高校受験の英語の勉強法
 高校受験の理科の勉強法
 高校受験の社会の勉強法

 

Twitter