将棋初心者から10級への勉強法 ルールと序盤、終盤と戦法と1手詰とアプリ

 

将棋ゼロから10級への勉強法
将棋10級から5級への勉強法
将棋5級から初段への勉強法

 

将棋初心者から10級への勉強法

 

入門書で駒の動かし方、ルール、
基本的な指し方などをマスターする

 ↓
1手詰を解けるようにする
 ↓
将棋を指してみる
 ↓
ハム将棋、将皇、ぴよ将棋などの
一番下のレベルと平手で
いい勝負をする
 ↓
10級ほどにはなっていると思います

 

ルールと基本をマスターしましょう

☆羽生善治のみるみる強くなる将棋入門(池田書店)

ルールが書いてあればなんでもいいですが
こちらをオススメしておきます。
下記の目次のように
ルールだけでなく、
攻防の基本的なことも
載っています。

本書では
「問題」ではなく「説明」されている
部分も、2度目以降に読むときは、
「説明」を隠して「問題」にして
マスターできているかを確かめましょう。

序.将棋の基本
1.駒プロフィール
2.将棋に勝つための5ヵ条
 取る
 攻める
 成る
 詰める
 寄せる
 囲う
 戦法
3.詰将棋

 

☆くもん出版 NEWスタディ将棋

駒に駒の動かし方が書いてあります。

 

序盤終盤の基本をマスターしましょう

☆羽生善治のみるみる強くなる将棋序盤の指し方入門(池田書店)
☆羽生善治のみるみる強くなる将棋終盤の勝ち方入門(池田書店)

 

下記の目次のように
序盤の初歩的な指し方と

終盤の初歩的な指し方を
マスターすることが出来ます。
Amazonの評価も高いです。
☆3つ程度をつけている人は
初段程度で「やさしすぎる」という
評価で、もともと初心者向けの本なので
的外れの評価です。
内容をくり返しマスターしましょう。

本書では
「問題」ではなく「説明」されている
部分も、2度目以降に読むときは、
「説明」を隠して「問題」にして
マスターできているかを確かめましょう。

将棋序盤の指し方入門
序.基礎のキ 指し方の基本

1.初形を見よう
2.大駒をいかそう
3.小駒を使いこなそう
4.玉を守ろう
5.序盤の指し方
6.戦法を身につけよう

将棋終盤の勝ち方入門
序.終盤を知ろう

1.詰みを知ろう
2.詰めろを知ろう
3.必至を知ろう
4.寄せを知ろう
5.受けを知ろう
6.終盤力を身につけよう

 

1手詰を解けるようにしましょう

1手詰とは、
1回王手をかければ、
相手の王様が詰む問題です。

駒の動かし方の理解も深まると思います。
もちろん、将棋は
相手の王様を詰ませるゲームなので
1手詰が解けないと勝てるようになりません。

☆1手詰ハンドブック(毎日コミュニケーションズ、浦野真彦)

駒の動かし方がわかれば、
1手詰は考えれば解けると思うので、
自分で答の結論を出すまで
答えは見ない、
将棋を考えるトレーニングにしましょう。
その後、全問、一瞬で詰みが見えるまで、

くり返しましょう。

 

将棋を指してみましょう

 

PC版無料アプリ

 

・ハム将棋

かわいらしいのが好きな人に
オススメです(笑)。
コンピュータ側が裸玉
(王様だけ)の対局もできますし、
10枚落ち(王様と歩だけ)、
8枚落ち(王様と歩と金だけ)、
6枚落ち(王様、金、銀、歩だけ)、

もちろん平手での対局もできます。

ハム将棋の平手といい勝負になったら
10級くらいは認定して
もらえるのではないでしょうか。

 

・将皇

待った(笑)や棋譜の保存ができます。
レベルは
「覚えたて」→「LV0」
と進み、LV0の平手といい勝負をすれば
10級を認定してもらえるでしょう。
こちらも10枚落ちから
駒落ちもできます。

 

スマホ版無料アプリ

 

・ぴよ将棋(iOS)

・ぴよ将棋(Android)

対局については、
10枚落ちから駒落ち対局を
することもできます。
一番下の15級と平手で
いい
勝負をすれば、道場で10級を
認定してもらえるでしょう。

精度はスマホの性能次第ですが、
棋譜解析(悪手、疑問手などを指摘)
形勢判断(優劣を数値で評価)
などをすることもできます。

スマホを将棋盤代わりに使えるので、
後々、定跡の勉強をするのも、
定跡書とスマホがあれば、
電車の中でもOK!
ということになります。

 

kindleunlimitedでは、
大量の将棋の本が
読み放題です。

 

1から始める詰将棋 頭金から始める200問(マイナビ)初心~10級

ひと目の詰み筋初級編 (マイナビ)初心~5級

絶対手筋180(マイナビ)15級~5級

 

 

上達のコツ

これから述べるのは、
アマ三~四段を手っ取り早く
目指す勉強です。
プロを目指す勉強は、
異質になると思います。

 

トレーニングの原則

・トレーニングの原則1
基本をスラスラできるようにする。
基本に能力を割かなくなるので、

より難しいことができるようになります。
初心者は3手詰の前に、
まず1手詰をスラスラ
できるようにした方が、

上達が遅いようで速いと思います。
「なんかこの本難しいな」と思ったら、
もっと簡単な本をこなすといいでしょう。

・トレーニングの原則2
自分ができていないことを把握し
(できなかった問題にチェックをつける)
ひたすらくり返してできるようにする。
できていないことを
できるようにしたとき、

棋力が上がります。
ある程度のレベルに達すると、
ただ実戦を指していても
棋力が上がらなくなります。
それは、自分の弱点を
意識的に克服していないからです。

・トレーニングの原則3
同じ素材を徹底的にくり返す。
脳は「生きるのに不可欠な情報」と
判断しないと忘れます。
脳が「生きるのに不可欠な情報」と
判断するように、
同じ情報をくり返しインプットします。
原則2で述べたように、

できなかった問題にチェックをつけて
そこだけくり返すと、
効率がいいでしょう。
ただし、インプットは、
アウトプットを通したほうが
記憶の定着が良いそうです。
脳が「よく使う大切な情報」
と判断するからだそうです。
なるべく詰将棋、次の一手など
「問題を解く」、
何も見ずに再現できるようにする
といった勉強をしましょう。

・トレーニングの原則4
トレーニングにより、
脳の何らかの部位が発達すると考える。
物事の上達のメカニズムは
これだと思います。
手筋をマスターすれば、
脳の将棋を司る部位が
発達するでしょうし、
詰将棋を考えた結果解けば、
トレーニング効果は
ただ覚えるよりも、さらに高いでしょう。

・トレーニングの原則5
現在の自分より少しだけ上のレベルの
トレーニングをする。
このレベルが、もっとも効果的に
脳を発達させるようです。

1手詰があやふやな人は
5手詰に取り組むべきではありませんし、
5手詰がまずまずできるようになったら
7手詰に取り組むべきです。

 

「考える」と「詰め込む」のバランス

教育界では、
「詰め込み」は否定されがちで、
「考える」ことが善とされています。

かつて故米長邦雄永世棋聖は
「将棋図巧と将棋無双
 (江戸時代の難解な詰将棋)
 の200題を全問解ければ四段
 (プロ棋士)になれる」
という持論を展開していて、
当時、羽生善治先生などを始め、
多くの若手、奨励会員が
解いていたそうです。

米長先生は、図巧、無双の効果の1つに
「熱意」を挙げています。
ただ、私は「考え」続けることにより、
脳の将棋を司る部位が
「詰め込み」よりも発達する、
という効果があるのではないか
と思います。

一方で、プロ棋士は、
基本的な手筋や詰み形は
「考える」ことなく、
一瞬で見えるように
「詰め込」まれているはずです。

そこで、当サイトでは
「考える」と「詰め込む」の
バランスをとって、
初段くらいまでは、
詰将棋(自分の棋力に合ったもの)は
答えを見ずに「考えて」解く、
手筋などは少し考えて
わからなかったら
答を見て
チェックをつけ、くり返す、
詰め込む」こととします。

詰将棋は、1手詰から始めて、
自分のレベルにあっていれば、
考えて解けると思います。
それに対し、手筋は、
自分で正解を導くのは
級位者には難しいでしょう。

もちろん、アマ高段者や
プロを目指すレベルの人は、
「考える」ことが
大切になると思います。

現在の若手プロ棋士で
まずまず勝っている人で、
20年後も生き残っている人は
「考え」ている人だと思います。

 

将棋ゼロから10級への勉強法
将棋10級から5級への勉強法
将棋5級から初段への勉強法

 

Twitter