将棋10級から5級への勉強法 強さやレベルは? 3手詰と戦法と手筋

 

将棋ゼロから10級への勉強法
将棋10級から5級への勉強法
将棋5級から初段への勉強法

 

将棋10級から5級への勉強法

 

ゼロから10級の流れの内容を
スラスラできるまでくり返す
 ↓
意味はわからなくていいから
プロの棋譜を並べてみる
 ↓
3手詰を解けるようにする
この程度の読みの力は
今後のために必要

 ↓
得意戦法を1つ作る
定跡は大ざっぱでいい
 ↓
基本的な手筋をマスターする
(囲い崩し、必至の基本含む)

 ↓
5級ほどにはなっていると思います

 

トッププロの棋譜を並べてみましょう

☆羽生善治全局集 七冠達成まで

トッププロの棋譜を並べて、
感覚を鍛えましょう。
意味は分からなくても大丈夫です。
特に、子供さんの場合は、
このような感覚的なものが
大切だと思います。

第一人者羽生さんが神がかっていた
名人獲得~七冠達成までの
111局が収録されています。

 

終盤力で勝ちましょう

☆3手詰ハンドブック(毎日コミュニケーションズ、浦野真彦)

 

将棋は相手の王様を詰ませれば勝ちなので
詰将棋に強ければ、
序中盤が少々雑でも勝つことができます。
逆に詰将棋に弱いと、
勝つのは難しいでしょう。

詰将棋は
自分で答の結論を出すまで
答えは見ない、
将棋を考えるトレーニングにしましょう。
その後、前より短時間で解けるように

何度もくり返しましょう。

また、今後、手筋や定跡などを
勉強するときにも、
3手詰を駒を動かさず、
本を見て解けるくらいの
「読み」の力は必要だと思います。

 

得意戦法を作りましょう

定跡の勉強です。
ただ、このサイトの方針は、
「序中盤はやや劣勢ほどでついていき、
 終盤のキレで勝つ」

ですから、まだ、ほどほどにします。
大ざっぱな「カタチ」を
身につけるくらいでいいでしょう。
また、手筋をマスターしたり、
読みの力をつけたりしないと、
定跡の理解は難しいです。
いずれにしろ、

5級ほど同士の対局では、
定跡通りには進みません(笑)
中盤は無理せず、
均衡を保ちつつ
飛車角を成り込んだり、
交換して打ち込んだり、
その他、駒を交換すれば、
終盤できっと勝てるでしょう(笑)。

☆四間飛車上達法(浅川書房、藤井猛)
☆四間飛車を指しこなす本1(河出書房新社、藤井猛)

 

なにか1つ得意戦法を絞りましょう。
四間飛車がいいのではないでしょうか。

相手が居飛車なら、自分が四間飛車。
相手が四間飛車なら、自分が居飛車。
相手がそれ以外の振り飛車なら…??
相振り飛車かな?
まあ、先述のように
5級ほど同士の対局では、
定跡はあまり関係ないので、
大ざっぱな「カタチ」を
身につければいいと思います。

「上達法」は四間飛車の第一人者
藤井先生が対話形式で
四間飛車をとても親切に
解説しています。
-目次ー
1.対抗型とはなにか
 駒組みの基本と隠された仕組み
2.攻めについて
 6七銀型と棒銀
3.一手争いについて
 7八銀型と右銀急戦
4.主導権を握ったら
 持久戦と6六銀型
5.攻めエリアを拡大せよ
 5六銀型と藤井システム

「指しこなす本1」は
次の一手形式です。

問題を全部正解できるまで
くり返しましょう。

トップページで述べたように
出力を重視するのが記憶のコツです。
-目次-
斜め棒銀
6五歩早仕掛け
最短の仕掛け
山田定跡
棒銀
矢倉引き角
終盤の手筋

基本的な手筋をマスターしましょう

☆ひと目の手筋(毎日コミュニケーションズ)

 

1.駒別ひと目の手筋
 歩、香、桂、銀、金、角、飛、玉
2.囲いくずしの手筋
 美濃くずし
 舟囲いくずし
 穴熊くずし
 矢倉くずし
 その他の囲い崩し
3.端攻め
4.受け
 序盤、中盤、終盤、
 詰めろを防ぐ、高等テクニック
5.必死

と、5級まであたりの人が
マスターしておきたい手筋が
適切に載っています。
四間飛車や対四間飛車を使うなら、
美濃くずし、船囲いくずしは
ありがたいですね。
基本的な必至が載っているのも
終盤に磨きをかけるでしょう。

問題形式になっているので、
できなかった問題にチェックをつけ、
全問、ひと目でパッと
できるようになるまで
くり返しましょう。
このサイトでは、
詰将棋は「考える」、
手筋はわからなかったら答を見て
「詰め込む」方針です。

 

・ぴよ将棋(iOS)

・ぴよ将棋(Android)

 

kindleunlimitedでは、
大量の将棋の本を
無料で見ることができます。

 

ひと目の詰み筋初級編 (マイナビ)初心~5級

絶対手筋180(マイナビ)15級~5級

手筋の力初級編 (マイナビ)10級~5級

ひと目の歩の手筋(遠山雄亮、マイナビ)10級~3級

「次の一手」で覚える手筋436(マイナビ)10級~初段

ひと目の詰み(遠山雄亮、マイナビ)10級~初段

 

上達のコツ

これから述べるのは、
アマ三~四段を手っ取り早く
目指す勉強です。
プロを目指す勉強は、
異質になると思います。

 

トレーニングの原則

・トレーニングの原則1
基本をスラスラできるようにする。
基本に能力を割かなくなるので、

より難しいことができるようになります。
初心者は3手詰の前に、
まず1手詰をスラスラ
できるようにした方が、

上達が遅いようで速いと思います。
「なんかこの本難しいな」と思ったら、
もっと簡単な本をこなすといいでしょう。

・トレーニングの原則2
自分ができていないことを把握し
(できなかった問題にチェックをつける)
ひたすらくり返してできるようにする。
できていないことを
できるようにしたとき、

棋力が上がります。
ある程度のレベルに達すると、
ただ実戦を指していても
棋力が上がらなくなります。
それは、自分の弱点を
意識的に克服していないからです。

・トレーニングの原則3
同じ素材を徹底的にくり返す。
脳は「生きるのに不可欠な情報」と
判断しないと忘れます。
脳が「生きるのに不可欠な情報」と
判断するように、
同じ情報をくり返しインプットします。
原則2で述べたように、

できなかった問題にチェックをつけて
そこだけくり返すと、
効率がいいでしょう。
ただし、インプットは、
アウトプットを通したほうが
記憶の定着が良いそうです。
脳が「よく使う大切な情報」
と判断するからだそうです。
なるべく詰将棋、次の一手など
「問題を解く」、
何も見ずに再現できるようにする
といった勉強をしましょう。

・トレーニングの原則4
トレーニングにより、
脳の何らかの部位が発達すると考える。
物事の上達のメカニズムは
これだと思います。
手筋をマスターすれば、
脳の将棋を司る部位が
発達するでしょうし、
詰将棋を考えた結果解けば、
トレーニング効果は
ただ覚えるよりも、さらに高いでしょう。

・トレーニングの原則5
現在の自分より少しだけ上のレベルの
トレーニングをする。
このレベルが、もっとも効果的に
脳を発達させるようです。

1手詰があやふやな人は
5手詰に取り組むべきではありませんし、
5手詰がまずまずできるようになったら
7手詰に取り組むべきです。

 

「考える」と「詰め込む」のバランス

教育界では、
「詰め込み」は否定されがちで、
「考える」ことが善とされています。

かつて故米長邦雄永世棋聖は
「将棋図巧と将棋無双
 (江戸時代の難解な詰将棋)
 の200題を全問解ければ四段
 (プロ棋士)になれる」
という持論を展開していて、
当時、羽生善治先生などを始め、
多くの若手、奨励会員が
解いていたそうです。

米長先生は、図巧、無双の効果の1つに
「熱意」を挙げています。
ただ、私は「考え」続けることにより、
脳の将棋を司る部位が
「詰め込み」よりも発達する、
という効果があるのではないか
と思います。

一方で、プロ棋士は、
基本的な手筋や詰み形は
「考える」ことなく、
一瞬で見えるように
「詰め込」まれているはずです。

そこで、当サイトでは
「考える」と「詰め込む」の
バランスをとって、
初段くらいまでは、
詰将棋(自分の棋力に合ったもの)は
答えを見ずに「考えて」解く、
手筋などは少し考えて
わからなかったら
答を見て
チェックをつけ、くり返す、
詰め込む」こととします。

詰将棋は、1手詰から始めて、
自分のレベルにあっていれば、
考えて解けると思います。
それに対し、手筋は、
自分で正解を導くのは
級位者には難しいでしょう。

もちろん、アマ高段者や
プロを目指すレベルの人は、
「考える」ことが
大切になると思います。

現在の若手プロ棋士で
まずまず勝っている人で、
20年後も生き残っている人は
「考え」ている人だと思います。

 

将棋ゼロから10級への勉強法
将棋10級から5級への勉強法
将棋5級から初段への勉強法

 

Twitter