囲碁初心者から10級への勉強法 │ 目安とレベル。壁を突破するには?

 

囲碁初心者から10級への勉強法
囲碁10級から5級への勉強法
囲碁5級から初段への勉強法

 

囲碁初心者から10級への勉強法

 

10級の壁を突破するために

 

入門書でルールをマスターする
 ↓
初歩的な
・詰碁
・手筋
・布石
・定石
の問題を解けるようにする
 ↓
一局の碁の流れを知る

 ↓
9路盤(もっと小さくてもいい)で
囲碁を打ってみる

 

ルールと理解しましょう

 

☆ゆかり先生の頭がよくなる囲碁入門(日本棋院、梅沢由香里)1~3
☆ゆかり先生の囲碁初級教室(日本棋院、梅沢由香里)1~3

 

 

美人棋士で有名な
吉原(旧姓梅沢)由香里先生の本です。

表紙を見てもわかりますが、
中身もお子さん向けで
図面なども大きいです。
もちろん、大人が読んでも
大丈夫です。
それぞれ3分冊ですが、
かなり薄い本で、
図面、文字も大きいので、
読み終えやすいと思います。

『囲碁入門』のほうは
基本的なルールを覚えよう
という内容です。

『囲碁初級教室』は
『囲碁入門』の続編という
位置づけのようです。

第1巻のまえがきには
「10級程度の実力がつくように
 編集されている」
とあります。

練習問題もまずまず充実しています。
まずはこの6冊の練習問題を
全問解けるようにして

自称10級、というのも
いいかもしれないですね。
(練習問題になっていない
 説明の部分も
 「10級」の実力に
 含まれていると
 思いますし、
 他の本の10級は
 もう少しレベルが高いことも
 ありますが…。)

囲碁入門1
1.ゆかり先生に入門
2.囲めば取れる!
 囲ってみよう
 少ない数で囲む
 ナナメには道がない
 はしっこはどうなる
 カドの取り方
 練習もんだい
 石数が多いとき
 面白い形
3.石取りゲームをやってみよう
梅沢先生にインタビュー

囲碁入門2
1.アタリの復習
2.石の取り方のコツ
3.陣地取り

囲碁入門3
1.打てない所・コウ
 打てない所がある
 取れるときは打てる
 練習もんだい
 コウのルール
2.石の生き・死に
 石の生き死に
 二眼あれば生き
 つながる二眼は一眼
 練習もんだい
 ニセモノの眼
 練習もんだい
 相手の眼を取る
 三目の場合
 最後に

囲碁初級教室1
1.強い石と弱い石
 つながると強い
 切られると弱くなる
2.石を取る手筋
 シチョウ
 ゲタ
3.攻め合いとセキ
 早いもの勝ち
 攻め合いに勝つコツ
 セキ
 セキの見本
4.9路盤対局ポイント解説

囲碁初級教室2
1.手筋・打って返し
 アタリではだめ
 ぎせいにする
 打って返しの完成
2.手筋・追い落とし
 アタリから
 三手の読み
 プレゼント?
3.13路盤に挑戦
 布石の順番
 実戦解説

囲碁初級教室3
1.石の組み合わせ
 10手の布石から
 一間トビ
 ケイマ
 大ゲイマ
 二間トビ・コスミ
 石がくっついたら
 押し合いになったら
 置き碁の打ち方
2.かんたんな詰碁
 基本の復習
 打ち欠きの手筋
 むずかしい打ち欠き
 練習もんだい

 

初歩的な問題をマスターしましょう

 

☆世界一やさしい手筋と詰碁(マイナビ)
☆世界一やさしい布石と定石(マイナビ)

 

やさしそうな題名の本は
たくさんありますが、

ルールを覚えたばかりの人には
難しい本も多いです。
それに対し、この
『世界一やさしい』の2冊は
ルールを覚えてすぐに取り組めます。

問題形式になっています。
この段階では、ちょっと考えて
わからなかったら、
すぐに答を見ていいと思います。
考えるのはもうちょっと
上達してからでいいと思います。
解けなかった問題にチェックをつけ

(Kindle版の場合、問題番号をメモ)
パッと解けるようになるまで

くりかえしましょう。

この2冊の問題を
パッと全問解けるようにすれば
10~15級くらいには
認定してもらえるのでは
ないでしょうか。

ただし、Amazonでは
紙の本が品切れ状態で、
Kindle版を買うことができます。

世界一やさしい手筋と詰碁
第一部 世界一やさしい手筋
1.抜き
2.アテ
3.切り
4.ツギ
5.ゲタ
6.オイオトシ
7.ウッテガエシ
8.シチョウ
第二部 世界一やさしい詰碁
1.眼を奪う
2.ナカデ
3.欠け眼
4.弱点をつく

世界一やさしい手筋と詰碁
1.隅と辺の打ち方
2.石をくっつけない
3.石の動き方を覚えよう
4.弱い石を作らない
5.幅の広いところから打とう
6.お付き合いをしない
7.世界一やさしい星の定石
8.世界一やさしい小目の定石
9.定石を正しく使おう

 

☆韓国棋院囲碁ドリル決定版(棋苑図書)
 入門編1~3

 

やはり、ルールを覚えたての人が
取り組める問題集です。

『世界一やさしい』と
重複してこなす必要は
ないかもしれないですが、

『世界一やさしい』よりは
紙の本が手に入りやすいと思います。

問題形式になっています。
この段階では、ちょっと考えて
わからなかったら、
すぐに答を見ていいと思います。
考えるのはもうちょっと
上達してからでいいと思います。
解けなかった問題にチェックをつけ

パッと解けるようになるまで
くりかえしましょう。

とにかく問題数が多いのが特徴です。
ただし、問題を解くための事前の解説や
問題の解説も、それなりに
しっかりしていると思います。

初級編、中級編、上級編、初段編
と続くので、極端な話、
わかりやすい解説書を読んで、
このシリーズのドリルを
ひたすら全問解けるようにすれば、
初段になれそうですね(笑)。

入門編1
1.石の活路
2.アタリになっている石の取り方
3.アタリになっている石の逃げ方
4.黒と白の石が共にアタリの形
5.石のつなぎ方と切り方
6.コウの打ち方
7.打ってはいけない所がある

入門編2
8.石の生き死にと欠け眼
9.生き死にの基本
10.生き死にを判定しよう
11.セキの形
12.布石入門
13.地の数え方
14.完全な地と不完全な地

入門編3
15.両アタリ
16.石を取る基本的な考え方
17.シチョウ
18.ゲタ
19.ウッテガエシ
20.オイオトシ
21.攻め合いの基本
22.石を連結する基本形
23.終局と勝ち負けの決め方

以下余談。
一昔前、日本棋院も
『日本棋院新書』として、
入門編(入門~20級)Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
 入門、石の取り方、地の囲い方
基礎編(20級~10級)Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
 布石と定石、手筋、実戦
進級編(10級~5級)全8冊
 定石、手筋、布石、置碁、
 戦い、ヨセ、死活、進級テスト
入段編(5級~初段)全11冊
 同上、入段テスト
昇段編(初段以上)全11冊
 同上、昇段テスト
といった、体系的なシリーズの
解説書を出していました。
このシリーズを
最初から順番にマスターすれば、

入段できるだろうと。
いつしか絶版になっていましたね。
あえて体系化しないのは、
理由があるのでしょうか?

 

☆基本がわかる囲碁トレーニング(日本棋院)
 1~3

 

1の入門編は
ルールを覚えたての人が

取り組める問題集です。

上記の問題集と
重複してこなす必要は
ないとおもいますが、

このシリーズの特長は
・図面が大きく、お子さん向き?
・問題数は1冊100問ほどに絞られている
・紙で入手しやすい入門ドリル
 (Amazonは品切れがちですが…)
といったところでしょうか。
短所は、少し、
解説が淡白かもしれません。

問題形式になっています。
この段階では、ちょっと考えて
わからなかったら、
すぐに答を見ていいと思います。
考えるのはもうちょっと
上達してからでいいと思います。
解けなかった問題にチェックをつけ

パッと解けるようになるまで
くりかえしましょう。

3の初級編の「はじめに」に
初級編は20級から15級程度を
対象にしている、とあります。
1~3までを全問パッと解ければ、
10~15級ほどを
認定してもらえるのではないでしょうか。

ちなみに、4中級編、5上級編もあります。

 

一局の碁を打てるようになりましょう

 

☆ヒカルの囲碁入門(集英社、石倉昇)

大人気囲碁マンガ『ヒカルの碁』と
ルールを覚えた人を初段に導くような
書籍に定評のある、
東大卒のプロ棋士、石倉昇先生の
コラボレーションの入門書です。

知識ゼロからでも
読めると思いますが、
普通の入門書は
石の取り方、死活など、
部分的な説明が多いのに対し、
石倉昇先生の入門書は、
とにかく、まずは、
一局の碁を打てるようにするのを
優先しているように思います。
それが吉と出るか、凶と出るか。
ややもすると、知識ゼロだと、
難しく感じるかもしれません。

逆に言うと、
少し基本をマスターしてから
『ヒカルの囲碁入門』をマスターすれば、

かなりスムーズに、とりあえず、
一局の碁を打てるように
なると思います。

ただ、問題形式ではない、
説明の分量が多いので、
1度や2度、目を通したくらいでは
とても「マスター」できないでしょう。
説明の部分も、2度目以降は
説明を隠して「問題化」して、
マスターできているかどうかを確かめ、
できていないところはチェックをつけて
できるまでくり返しましょう。

巻末には問題があり、
星の数で15級、10級、5級の
目安になっています。
励みになるでしょう。

Amazonで☆2つ、3つの
低評価もありますが、
評価を読むと、的外れのことが
書いてあることがわかると思います。

 

kindleunlimitedでは、
大量の囲碁の本を
無料で見ることができます。

 

上達のコツ

これから述べるのは、
アマ三~四段を手っ取り早く
目指す勉強です。
プロを目指す勉強は、
異質になると思います。

 

トレーニングの原則

・トレーニングの原則1
基本をスラスラできるようにする。
基本に能力を割かなくなるので、

より難しいことができるようになります。
難しいことは、
基本の組み合わせであることが多いです。
一番の基本から
パッとできるようにしたほうが、
上達が遅いようで速いと思います。
「なんかこの本難しいな」と思ったら、
もっと簡単な本をこなすといいでしょう。

・トレーニングの原則2
自分ができていないことを把握し
(できなかった問題にチェックをつける)
ひたすらくり返してできるようにする。
できていないことを
できるようにしたとき、

棋力が上がります。
ある程度のレベルに達すると、
ただ実戦を指していても
棋力が上がらなくなります。
それは、自分の弱点を
意識的に克服していないからです。

・トレーニングの原則3
同じ素材を徹底的にくり返す。
脳は「生きるのに不可欠な情報」と
判断しないと忘れます。
脳が「生きるのに不可欠な情報」と
判断するように、
同じ情報をくり返しインプットします。
原則2で述べたように、

できなかった問題にチェックをつけて
そこだけくり返すと、
効率がいいでしょう。
ただし、インプットは、
アウトプットを通したほうが
記憶の定着が良いそうです。
脳が「よく使う大切な情報」
と判断するからだそうです。
なるべく問題形式の本を使って、
「問題を解く」、
何も見ずに再現できるようにする
といった勉強をしましょう。

・トレーニングの原則4
トレーニングにより、
脳の何らかの部位が発達すると考える。
物事の上達のメカニズムは
これだと思います。
手筋をマスターすれば、
脳の囲碁を司る部位が
発達するでしょうし、
手筋や詰碁を考えた結果解けば、
トレーニング効果は
ただ覚えるよりも、さらに高いでしょう。

・トレーニングの原則5
現在の自分より少しだけ上のレベルの
トレーニングをする。
このレベルが、もっとも効果的に
脳を発達させるようです。

10級の人は
10級前後向けの教材を
初段の人は
初段前後の人向けの教材を
マスターするのが、
一番、上達に効果的でしょう。

「考える」と「詰め込む」のバランス

教育界では、
「詰め込み」は否定されがちで、
「考える」ことが善とされています。

かつて将棋の故米長邦雄永世棋聖は
「将棋図巧と将棋無双
 (江戸時代の難解な詰将棋)
 の200題を全問解ければ四段
 (プロ棋士)になれる」
という持論を展開していて、
当時、羽生善治先生などを始め、
多くの若手が解いていたそうです。
囲碁の故藤沢秀行名誉棋聖は、

米長邦雄永世棋聖との対談で
「それはそうでしょう」
(図巧と無双を解けばプロになれる)
と言っています。

米長先生は、図巧、無双の効果の1つに
「熱意」を挙げています。
ただ、私は「考え」続けることにより、
脳の将棋を司る部位が
「詰め込み」よりも発達する、
という効果があるのではないか
と思います。

一方で、囲碁のプロ棋士は、
基本的な手筋、死活などは
「考える」ことなく、
一瞬で見えるように
「詰め込」まれているはずです。

そこで、当サイトでは
「考える」と「詰め込む」の
バランスをとって、
10級あたりまでは、
一番基本の手筋、死活などを
とにかく「詰め込む」。
そこからは、少しずつ

「考える」割合を増やしていく、
ことにします。

 

囲碁初心者から10級への勉強法
囲碁10級から5級への勉強法
囲碁5級から初段への勉強法

 

Twitter