【塾に行かない】高校受験に合格する英語の勉強法・問題集【偏差値・難易度】:単語、文法、長文読解

塾に行かない高校受験
 高校受験の国語の勉強法
 高校受験の数学の勉強法
 高校受験の英語の勉強法
 高校受験の理科の勉強法
 高校受験の社会の勉強法

 

【塾に行かない】高校受験に合格する英語の勉強法・問題集【偏差値・難易度】:単語、文法、長文読解

 

塾に行かない高校受験の英語

学校の教科書を理解できる人は、
学校の教科書を
下記の音声学習でマスターすれば、
ほぼすべての公立高校に合格できます。
学校のテスト対策にもなり、一石二鳥ですね。
学校の教科書を理解するのが厳しい人は
1.文法
2.単語、熟語
3.長文読解
4.英作文
など、要素に分けて勉強します。

 

「書く」「聴く」「話す」も鍛える音声学習

トレーニングのために、
脳に適切な負荷をかけることが大切です。
リスニング、英作文、会話にも
強くなることができます。
センター試験改革により、
英語は民間の試験を使い、
「書く」「聴く」「話す」も重視されます。
日頃からこのような音声学習をすれば、
それだけでかなり対応できるはずです。

・オーバーラッピング
英文を見ながら音声と同時に音読。
発音、抑揚も音声をマネる。
リスニングにも効いてきます。

・シャドウイング
英文を見ずに音声の直後に音読。

・ディクテーション
音声を聴いて書き取る。
数語で止めても良い。

・暗唱、暗写
日本語を見て、
英語で言える、書けるようにする。

 

学校の教科書を理解するのが厳しい人

 

塾なし英文法

☆英語をひとつひとつわかりやすく(学研)

塾に行かなくても
英文法をとても分かりやすい解説で
理解することができます。
問題も適切に載っています。

 

英単語

☆高校入試でる順ターゲット中学英単語1800(旺文社)

音声をダウンロードできます。
音声学習をしながら
単語を覚えましょう。
英単語の覚え方は、
例文の英文を理解できたら
覚えたことにしましょう。
理解できなかったら、
その英単語に✓をつけ、
翌日、翌々日と
ひたすら復習しましょう。

 

塾なしで学校の教科書を理解できる人

☆学校の教科書+教科書ガイド

created by Rinker
¥3,300 (2024/02/21 00:25:00時点 Amazon調べ-詳細)

学校の教科書を、音声を使って
上記の音声学習でマスターすれば、
極端な話、塾に行くなど
他の勉強をしなくても、
ほぼすべての公立高校に合格できます。
学校のテスト対策にもなり、一石二鳥ですね。

 

英文法

☆中学英文法Fine(Z会出版)
☆99パターンでわかる中学英語文型の総整理(学研)

created by Rinker
¥1,430 (2024/02/21 00:25:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,320 (2024/02/20 23:12:49時点 Amazon調べ-詳細)

「中学英文法Fine」は
英文法の解説書です。
説明のわかりやすさ、理論の緻密さ、
分量のバランスがいいと思います。
音声をダウンロードできます。

「99パターン」は、文法の例文集です。
CDを使って、上記の音声学習をしましょう。
例文を赤シートで隠して、
日本語を見て英語で言えるようにしましょう。
文法も英作文もマスターできます。

塾に行かなくても英文法を
理解しマスターすることができます。

 

塾なし英語長文

☆ハイパー英語教室中学英語長文(桐原書店)1、2

created by Rinker
¥1,430 (2024/02/20 23:12:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,430 (2024/02/20 23:12:51時点 Amazon調べ-詳細)

長文をスラッシュで区切って、
左から右に速く読む
スラッシュリーディングを
学ぶことができます。
CDつきなので、音声学習もできます。
スラッシュリーディングは、
前置詞、接続詞で区切るのが
コツだと思います。
塾に行かなくても
英語長文を読めるようになります。

↑ここまでで県立トップ高合格レベルです↑

—————————————————-

成績が県立トップ高レベルで余裕がある人

県立高校入試は、一般論として、
教科書を大きく逸脱した問題は出ません。
したがって、以下で紹介する
発展的な内容を学習しても、
あまり県立高校入試の点数は
伸びません。
県立高校入試レベルの内容の
網羅度で合否が決まります。
高校の内容を先取りするのもいいでしょう。

 

☆中学総合的研究英語(旺文社)

created by Rinker
¥3,190 (2024/02/21 00:25:02時点 Amazon調べ-詳細)

中学校で成績がトップレベルで
つまらない人へ。
問題集ではなく、
文法を解説している参考書です。
高校初級の内容、
上位私立高校入試で出題される
内容も含まれます。
CDもついています。

 

☆最高水準問題集英語(文英堂)
 中1~3
☆最高水準問題集特進英語(文英堂)
 中1~3、英語長文、英文法・英作文
☆最高水準問題集高校入試英語(文英堂)

created by Rinker
¥1,100 (2024/02/20 23:12:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,100 (2024/02/20 23:12:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,100 (2024/02/21 06:26:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,210 (2024/02/21 00:25:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,210 (2024/02/20 23:12:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,210 (2024/02/20 23:12:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,210 (2024/02/20 23:12:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,210 (2024/02/21 00:25:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
文英堂
¥1,540 (2024/02/21 00:25:07時点 Amazon調べ-詳細)

学校の成績がトップレベルで
つまらない人は、
上記の「総合的研究」を読み
最高水準問題集に取り組むといいでしょう。
「特進」のほうがレベルが高いです。

 

塾に行かない高校受験
 高校受験の国語の勉強法
 高校受験の数学の勉強法
 高校受験の英語の勉強法
 高校受験の理科の勉強法
 高校受験の社会の勉強法

 

Twitter

 

はじめに

こんにちは!
高校受験を控えた皆さん、
そしてそのご両親様、
英語の勉強は順調ですか?
英語は高校受験において
非常に重要な科目です。
この記事では、
高校受験の英語学習に関する
包括的なガイドを提供します。
まったく知識がない初心者も
安心してください!

 

高校受験の英語とは?

高校受験の英語は、
中学校で学んだ英語の知識が
土台となり、
読解、文法、語彙、
リスニングといった要素が
試されるものです。
この試験は一般的に、
高校への入学を決定するための
一環として行われます。
以下に、各分野の詳細について
解説します。

読解

読解では、
ある英文のパッセージに対して、
その内容に関する質問に
答える能力が問われます。
短い文章から、
やや長めの文章まで
さまざまな長さのものが
出題されることが一般的です。
この部分では、
文の構造や単語の意味を
理解するだけでなく、
文章全体の意図や
文化的な背景に対する理解も
重要になることがあります。

文法

文法では、
英語の文法ルールや
構造に関する問題が
出題されます。
例えば、時制、名詞、動詞、
形容詞、前置詞などの
基本的な文法項目が含まれます。
この部分での成功のためには、
基本的なルールを
把握するとともに、
多くの練習を通じて
それらを自然に使えるようになる
必要があります。

語彙

語彙では、英単語の意味や、
それらが文脈の中で
どのように使われるかについての
問題が出題されます。
これには、同義語や反意語を
見分ける能力も
含まれることがあります。
語彙を増やすためには、
積極的に英語の本や記事を読んで
新しい単語に触れることが有益です。

リスニング

リスニングでは、
英語の音声を聞き、
その内容に関する質問に
答える能力が問われます。
これには、話される英語を
正確に理解するだけでなく、
口語表現やアクセントにも
慣れる必要があります。
リスニング力を養うためには、
教材以外にも英語の映画や動画、
音楽などを積極的に聞くと
良いでしょう。

高校受験の英語では、
これらの分野が総合的に評価されます。
基礎をしっかりと
固めることが重要であり、
また、バランスよく
各分野を学ぶことが必要です。
定期的な復習
と、
実際の試験に近い
練習問題での訓練が、
スキルの向上に役立ちます。

 

英語学習の目標設定

英語学習の目標設定は、
効果的な学習計画を構築し、
モチベーションを維持する上で
極めて重要です。
以下に、目標設定の手順と
考慮すべきポイントを
詳しく解説します。

長期目標と短期目標を設定する

英語学習の目標は、
長期的なものと短期的なものの
両方を設定することが重要です。
長期目標は、数ヶ月から
数年先のものであり、
「高校受験で英語で高得点を取る」
などが考えられます。
一方で、短期目標は、
数週間から数ヶ月の期間で
達成できるもので、
「この月の終わりまでに
100の新しい単語を覚える」
などが挙げられます。

 SMART原則に従って目標を設定する

SMART原則は、
目標設定において
よく用いられる手法で、
Specific(具体的)、
Measurable(測定可能)、
Attainable(達成可能)、
Relevant(関連性)、
Time-bound(期限を設定)
の頭文字を取っています。
例えば、
「英語の長文が
スムーズに読めるようになる」
は具体的ですが、
「1ヶ月後までに、
5分以内で1ページの英文を
理解できるようになる」
とすると、
SMART原則に従った目標になります。

モチベーションを維持するための目標も設定する

英語学習においては、
モチベーションの維持が重要です。
学習の進捗を視覚的に
把握できるような
チャートやグラフを使って、
達成した目標を
明確にすると良いでしょう。
また、小さな成功体験を
積み重ねることで、
自信を持ちつつ、
より大きな目標に
挑戦することができます。

目標に対してアクションプランを作成する

目標だけでなく、
それを達成するための
具体的な行動計画も必要です。
例えば、
「リスニングで8割以上理解する」
を目標に設定した場合、
そのためには
毎日英語の音声教材を聞く、
英語の映画やドラマを視聴する、
英会話クラブに参加するなどの
アクションが考えられます。

定期的に目標を評価し、必要に応じて修正する

時が経つにつれて、
自分の興味や能力が
変わることもあります。
定期的に目標を見直し、
現在の状況に合った
新しい目標を設定することで、
学習の効率を
最大化することができます。

英語学習の目標を明確に設定し、
それに向かって
計画的に行動することで、
高校受験における
英語の成績向上につながるでしょう。

 

基本的な英文法の学習

基本的な英文法の学習は、
高校受験において
非常に重要な要素です。
英語を正確に理解し、
適切に使用するためには、
文法の知識が欠かせません。
以下に、基本的な英文法の
学習におけるアプローチと
戦略を詳しく説明します。

主要な文法項目を把握する

英文法を学ぶ際には、
以下のような主要な
文法項目を把握することが重要です。

品詞(名詞、動詞、形容詞、副詞、前置詞など)
時制(現在形、過去形、未来形、完了形など)
文の種類(肯定文、疑問文、否定文)
関係代名詞(who, which, thatなど)
不定詞と動名詞
代名詞(I, you, he, sheなど)
比較(比較級、最上級)
助動詞(can, must, shouldなど)

教科書や参考書を活用する

中学レベルの
英語の教科書や参考書は、
基本的な文法事項を学ぶ上で
非常に役立ちます。
各文法項目を解説している
セクションをじっくり読み、
理解を深めましょう。
また、参考書には多くの例文や
練習問題が含まれているので、
これらを活用して
実戦的な学習を行うことが重要です。

定期的な復習を行う

文法の知識は、
一度学んだだけでは定着しません。
定期的に復習を行い、
知識を深めることが重要です。
例えば、毎週一つの文法項目を
ピックアップして復習するなど、
計画的に学習を進めましょう。

実践的な練習を行う

文法の知識を実際の英語の文に
適用することで、
理解が深まります。
英語の文章を読む時、
文法項目に注意を向け、
どのように使用されているかを
分析しましょう。
また、自分で文章を書く練習も
効果的です。

オンラインリソースを利用する

インターネット上には、
英文法に関する
多くのリソースが存在します。
YouTubeの英語教育チャンネルや
ウェブサイトで、
動画や記事を活用して、
さらに深く学ぶことができます。

英語の先生や友達とディスカッションする

英語の先生や、
英語を学んでいる友達と
一緒に文法について
話し合うことで、
新しい視点や知識を
得ることができます。
質問を投げかけ合ったり、
一緒に練習問題を解いたりして、
コミュニケーションを通じて
学ぶことができます。

これらの手法を組み合わせて
使用することで、
基本的な英文法の知識を
効果的に身につけることができます。
文法の学習は
地道な努力が必要ですが、
これがしっかりと身につくと、
英語の読解能力や表現力が
飛躍的に向上します。

 

英語の語彙の増やし方

英語の語彙力を増やすことは、
英語の理解力や
表現力を高めるために
欠かせないステップです。
以下に語彙力を効果的に
増やす方法を詳しく説明します。

毎日の読書習慣

英語の本や記事を
毎日読むことで、
新しい単語やフレーズに
自然に触れることができます。
初めは短い記事や
簡単な本から始めて、
徐々にレベルを
上げていくと良いでしょう。

単語帳を利用する

単語帳を活用して、
定期的に新しい単語や
フレーズを記憶しましょう。
自分で単語帳を作成するか、
市販のものを利用するかは
お好みで選んでください。

英語のニュースやポッドキャストを聴く

英語のニュースや
ポッドキャストを聴くことで、
実際の会話で使われる
単語やフレーズに
慣れることができます。
また、リスニング力も
同時に鍛えられます。

映画やドラマを観る

字幕付きの英語の映画や
ドラマを観ると、
視覚的な情報とともに
新しい単語を
学ぶことができます。
英語の字幕をつけて視聴すると、
さらに効果的です。

SNSやフォーラムで英語を使う

英語でツイートする、
英語のフォーラムに参加するなど、
SNSを活用して実際に英語を書く
練習をしましょう。
これにより、
自分が学んだ単語を
実際に使う機会が増えます。

音楽を活用する

英語の歌を聴くことは、
語彙力を増やすだけでなく、
発音やイントネーションにも
慣れることができます。
歌詞を見ながら聴くと、
単語の意味や使い方を
理解しやすくなります。

オンライン単語ゲームやクイズ

単語を学ぶプロセスを楽しむために、
オンラインの単語ゲームや
クイズを活用してみましょう。
これにより、
学習が楽しみながら行えます。

会話クラブや言語交換パートナーを利用する

実際に英語を話す機会を増やすために、
会話クラブに参加したり、
言語交換パートナーを
見つけることができます。
これにより、
リアルなコミュニケーションの中で
語彙を活用することができます。

これらの方法を
組み合わせて取り組むことで、
英語の語彙力を
効果的に増やすことができます。
語彙力を増やす過程は
時間がかかるかもしれませんが、
コツコツと取り組むことが重要です。

 

文法問題の解き方

英語の文法問題の解き方には
独自のアプローチが必要です。
以下、効果的なステップと
ヒントを詳しくご紹介します。

問題をよく読む

問題文を丁寧に読んで、
求められていることを
正確に理解しましょう。
文法に関する情報や
キーワードに注意を払い、
何が問われているのかを把握します。

基本文法の確認

問題の文法項目について、
基本的なルールを確認します。
例えば、時制、助動詞、前置詞など、
問題が関連する文法項目の
ルールを思い出しましょう。

文脈の理解

英語の文法問題では、
文全体の文脈が重要です。
前後の文章や、
文の中の情報を元にして、
適切な文法を適用します。

解答の選択肢を検証

選択肢式の問題の場合、
それぞれの選択肢を検証し、
文法ルールと
照らし合わせながら
最も適切なものを選びます。

活用例を考える

自分自身で似たような文を作り、
それが自然かどうかを
考えてみましょう。
これにより
正しい文法を選ぶ手助けとなります。

記憶の整理

問題を解いたあと、
正解・不正解にかかわらず、
なぜその答えが正しいのか、
どの文法ルールが
適用されるのかを整理しましょう。

助けを求める

わからない問題があれば、
先生、友達、または
オンラインのフォーラムなどで
質問しましょう。
他の人の説明を聞くことで、
新しい視点を得られることがあります。

定期的な練習

文法問題の解き方は
継続的な練習によって上達します。
定期的に文法の問題集を解いて、
スキルを磨いていくことが重要です。

これらのステップとヒントを
活用しながら、
文法問題に取り組むことで、
効果的に学習を
進めることができます。
忍耐強く、一歩一歩
着実に進めましょう。

 

英語の長文問題の解き方

英語の長文問題の解き方には、
様々なスキルと戦略が
必要とされます。
以下に具体的な手順と
テクニックを詳しく説明します。

問題の指示を読む

最初に、
問題が何を求めているのかを
確認します。
問題が要約、内容の理解、
特定の情報の抽出など、
何を目的としているか
把握しましょう。

速読 (Skimming)

長文の全体をざっと目で追って、
大まかな内容や構成をつかむ技術が
速読です。
これにより、
文書のトピックやサブトピックを
理解しやすくなります。

文脈の把握

速読をした後は、
文脈やトーンを考慮しましょう。
これは文の意味を
正確に理解する上で非常に重要です。

精読 (Scanning)

次に、特定の情報や
キーワードを探すために
文章を詳しく読む技術が精読です。
これを用いて、
問題で必要な部分を探し出します。

注釈をつける

長文を読む際、
重要なポイントや不明な単語、
文法構造などにマークを付けたり、
短いメモを書き込むと、
理解が深まります。

情報の整理

読み進めながら、
長文の主要なアイデアや
情報を頭の中で整理します。
これにより、
文章全体の流れとつながりを
把握しやすくなります。

問題に回答

速読と精読の結果を基にして、
具体的な問題に回答します。
この際、推測や文脈からの
推論も活用しましょう。

答えの確認

解答が終わったら、
もう一度文章を見直し、
回答が文章の内容と
整合しているかを確認します。

反省と次回への活用

解いた問題を振り返り、
どこがうまくいったのか、
どこがうまくいかなかったのかを
評価します。
次回の学習に活かすために、
どの部分を改善すべきかを考えます。

これらのステップを用いて、
英語の長文問題に
効果的に取り組むことができます。
長文問題は慣れが必要なので、
練習を積み重ねましょう。
そして、自分なりの戦略を
作り上げることが重要です。

 

英単語の効率的な覚え方

英単語の効率的な覚え方は、
学習者の個性や好みに合った
多様な手法を
組み合わせることが重要です。
以下は、英単語を
効率良く覚えるための
具体的な手順とテクニックです。

フラッシュカードの使用

フラッシュカードは単語学習に
非常に効果的なツールです。
一方に英単語、
もう一方に意味や例文を書き、
定期的に見直すことで
記憶に定着させましょう。

分散学習

単語を覚えたら
すぐに忘れないように、
時間を置いて反復学習します。
最初は数分後、次は数時間後、
次は数日後と間隔を広げながら
覚えた単語を復習しましょう。

文脈で覚える

単語を孤立して覚えるのではなく、
文章の中で使われている状況を
イメージしながら覚えると、
理解が深まります。

音読と発音

単語を声に出して読むことで、
耳で聞く情報としても記憶します。
また、正しい発音を
意識することで、
聞き取り能力も向上します。

連想記憶

単語に何かを連想させる
イメージやストーリーをつけることで、
記憶に定着させやすくなります。

シャドーイング

英語の音声教材や映画、
ドラマを聴きながら、
同時に声に出して真似する
「シャドーイング」は、
単語だけでなく、
フレーズやイディオムを
自然に覚えるのに役立ちます。

オンラインアプリやツールの活用

学習アプリを使って、
楽しみながら単語を覚えましょう。
これらのアプリは分散学習を活用したり、
ゲーム感覚で学習できます。

ライティング

単語を使って
文章を書く練習をしましょう。
実際に単語を使用することで、
その用法やニュアンスを
深く理解することができます。

これらの方法を組み合わせることで、
効率的に英単語を覚え、
実戦的な英語力を
身につけることができます。
また、継続は力なり。
毎日少しずつでも
単語学習に取り組むことが大切です。

 

リスニング力を鍛える

リスニング力を鍛えるには、
多くの英語の音声に
触れることが重要です。
以下は、リスニング力を
効果的に鍛えるための
具体的な手順とテクニックです。

各種リスニング教材の活用

リスニング力を鍛えるためには、
様々なリスニング教材を
活用しましょう。
教科書に付属する音声や
専用のリスニング教材、
英語教育アプリなどが利用できます。

英語の音楽と歌詞

英語の曲を聞きながら歌詞を読むことで、リスニングと同時に単語やフレーズの学習もできます。また、音楽はリズムとメロディがあるため、英語のイントネーションやアクセントにも慣れます。

3. ポッドキャストやオーディオブック
様々なトピックについての英語のポッドキャストやオーディオブックを聞くことで、異なる話し手やアクセント、話し言葉の表現に慣れることができます。

4. 英語の映画やドラマ
字幕付きで英語の映画やドラマを視聴することもリスニング力向上に役立ちます。最初は英語字幕を利用し、次第に字幕なしで視聴するようにしましょう。

5. シャドーイング
英語の音声を聞きながら、同時に自分も声に出して真似する「シャドーイング」はリスニングだけでなく、スピーキング能力を同時に鍛える方法です。

6. ニュースを聴く
英語のニュースを聴くことは、フォーマルな英語表現や発音に慣れる良い手段です。また、時事的なトピックについて学ぶこともできます。

7. リスニングの集中力を高める
リスニングの際、意識的に耳を澄ませて集中することが重要です。また、短い音声を何度も繰り返し聴くことで、理解を深めることができます。

8. ノートを取りながら聴く
リスニング教材やポッドキャストを聴きながら、重要なポイントや新しい単語を書き留めることで、理解が深まります。

9. レギュラーレビュー
過去に聴いた音声教材を定期的に再度聴くことで、耳が英語に慣れ、理解が深まります。

これらの方法を組み合わせながら、コンスタントにリスニング練習を行うことが、リスニング力を向上させる鍵です。様々な音声教材に触れ、耳を英語に慣れさせましょう。

 

模擬試験と過去問で実戦力をつける

模擬試験や過去の問題を解くことで、試験の形式や出題傾向に慣れると共に、自分の理解度を確認し、実力を向上させることができます。以下は、模擬試験と過去問を活用する際の具体的なアプローチです。

1. 模擬試験の利用
模擬試験は、実際の試験と同じ形式で問題を解く練習ができます。これにより、試験時間内に適切なペースで問題を解く訓練が可能です。

a. 時間を守る
模擬試験では、実際の試験と同じ時間制限を設けて解くようにしましょう。これにより、時間配分の練習ができます。

b. 集中力を高める
模擬試験中は、集中力を高め、試験に取り組む環境を整えましょう。これにより、試験当日の集中力も向上します。

2. 過去問の活用
過去の問題を解くことで、出題傾向を把握し、重要なトピックや頻出する問題に焦点を当てることができます。

a. 出題傾向の分析
過去問を多く解くことで、どのような問題が出題されるか、どのトピックが重要かを分析しましょう。

b. 弱点の洗い出し
過去問を解いて、間違えた問題や苦手な領域を特定します。それらの部分を強化するために、追加の勉強を行いましょう。

3. 模擬試験や過去問の復習
ただ問題を解くだけでなく、間違えた問題や理解が浅かった部分を徹底的に復習しましょう。

a. 解説を読む
模擬試験や過去問の解説を読むことで、正しい解き方や考え方を学ぶことができます。

b. 間違えた問題の再挑戦
間違えた問題は、何度も再挑戦しましょう。同じ間違いを繰り返さないように、理解を深めることが大切です。

これらのアプローチを組み合わせながら、模擬試験と過去問を積極的に活用し、実践力をつけていくことが高校受験の英語で成功するための重要な要素です。

 

絶え間ない挑戦と反省

絶え間ない挑戦と反省は、高校受験の英語学習において成長する上で欠かせない要素です。挑戦することで新しい知識やスキルを身につけ、反省することでその質を高めることができます。以下は、これを具現化するための具体的なステップです。

1. 積極的な取り組み
a. 新しいタイプの問題に挑戦
いつもとは異なる問題や、自分にとって難易度が高い問題にも積極的に取り組みましょう。これにより、自分の限界を押し広げることができます。

b. 英語を使う機会を増やす
英語を話す機会を増やすなど、実際に英語を使ってコミュニケーションをとる経験を積むことが重要です。

2. 間違いから学ぶ
a. 間違いの原因を分析
間違えた問題や、うまくいかなかったコミュニケーションの原因を深く分析しましょう。それが知識の不足なのか、理解の浅さなのかを明確にします。

b. 間違いを記録する
間違いをノートに記録し、それに対する対策も書き留めることで、同じ間違いを繰り返さないようにします。

3. 反省とフィードバック
a. 自己評価
一定期間の学習が終わったら、自分自身を客観的に評価します。目標に対してどの程度進んでいるか、どの部分が改善されたかを考えましょう。

b. 第三者からのフィードバック
友人や先生に自分の英語スキルを評価してもらうという手段も有効です。第三者の意見は自分では気付かない弱点を教えてくれることが多いです。

4. 改善と再挑戦
a. 改善計画の立て直し
反省を基にして、目標や学習計画を見直し、更なる改善に取り組みます。

b. 継続的な挑戦
学習は終わりがありません。新たに立てた目標に向かって、再び挑戦するサイクルを継続します。

これらのプロセスを通じて、絶え間ない挑戦と反省を行うことで、英語のスキルを着実に向上させることができます。そして、高校受験においても、これらの習慣が自分自身の成績を向上させる大きな要因となります。

 

まとめ

高校受験の英語の勉強は、地道な努力が必要です。しかし、しっかりとした目標設定と計画を持ち、基本的な知識から応用力を身につけることで、必ず成果が出るでしょう。今から少しずつコツコツと勉強して、夢の高校に合格しましょう!