陸上競技中距離・長距離の生理学

トップページ 
 中長距離の生理学
 練習の種類と目的
 故障しないために
 ランニング初心者へ
 スピード持久力
 坂道のススメ
 800mの練習法
 1500mの練習法
 5000mの練習法
 ハーフマラソンの練習法
 マラソン初心者の練習法 

 

陸上競技中距離・長距離の生理学

 

走るためのエネルギーは
筋肉中のアデノシン3リン酸
(ATP)の分解によって供給されます。

走り続けるためには
分解したATPを
再合成しなくてはなりません。

そのための機構は3つに分類されます。

1.クレアチンリン酸の分解
 最大強度で8秒ほど継続。

2.グリコーゲン等の無酸素的分解
 この機構では乳酸が発生。
 最大強度で33秒ほど継続。

3.グリコーゲン、脂肪酸等の有酸素的分解
 外から酸素を取り入れ長時間継続。

中長距離走では、3の
有酸素エネルギーを多く必要とします。

有酸素性エネルギー:無酸素エネルギーの
具体的な割合は

800m   60:40ほど
1500m    77:23ほど
5000m~ ほどんど有酸素性

とされます。

 

VOMAX(ヴイドットオーツーマックス)

最大酸素摂取量。
体重1kgあたり、1分あたり
最大何mLの酸素を消費するかの値。
VはVolume(体積)
ドットは1分あたり
(大学の数学で習います)を表します。
ジャック・ダニエルズによると、
11分ほど継続できる運動が
100%VOMAXに当たるそうです。
(5分程度という説もあります。)
VOMAXを改善するには、
VOMAX付近で走るのが
良いとされます。
ただ、ある程度トレーニングをすると、
頭打ちになりやすいとも言われます。

 

LT(Lactate Threshold)

乳酸性作業閾値。
血中乳酸濃度が急激に上昇する運動強度。
上記のように、
グリコーゲン等の無気的分解では
乳酸が発生するので、
無気的な機構が
それなりに動員される走スピード、
つまり有酸素能力の指標となります。
ジャック・ダニエルズによると、
60分走り続けられるペースくらいが
LTに当たるそうです。
エリートならハーフマラソンあたりですね。
LTを改善するには、
LT付近で走るのが良いとされます。
LTはわりと向上し続けることが
できるとされます。

 

無酸素能力?

このあたり、運動生理学も
錯綜しているようです。
有酸素能力を超えたスピードで
走る能力としておきます。
リディアードは、
このような能力はすぐに頭打ちになり、
個人差はあまりないので、
無酸素性トレーニングは
それほど重要ではないと主張します。

ただし、その限界までは
引き上げなければなりません。
眠っている速筋を起こす
(平時に動員されない速筋を動員する)
ことで、無酸素性のエネルギー機構を
高めることなどが大切です。

 

 

トップページ 
 中長距離の生理学
 練習の種類と目的
 故障しないために
 ランニング初心者へ
 スピード持久力
 坂道のススメ
 800mの練習法
 1500mの練習法
 5000mの練習法
 ハーフマラソンの練習法
 マラソン初心者の練習法 

 

Twitter