SKE48 松井珠理奈 チームSハロウィン公演に出演、復帰!2019年10月31日

 

SKE48 松井珠理奈 チームSハロウィン公演に出演、復帰!2019年10月31日

 

2019年10月31日、SKE48劇場で、
SKE48チームS『重ねた足跡公演』が行われた。
この日はハロウィン公演だった。
SKEのハロウィン公演では、毎年、
最後に『ハロウィン・ナイト』が披露される。

その途中で、長期休養中の
松井珠理奈が登場した。

『ハロウィン・ナイト』は
2015年の総選挙選抜曲だ。
松井珠理奈はオリメンである。

2015年の総選挙は6月6日開票だった。
松井玲奈は不出馬。
そして、6月10日深夜の
『オールナイトニッポン』にて
卒業を発表する。
松井珠理奈は情緒不安定に陥った。

筆者は2015年当時、
『ハロウィン・ナイト』の
松井珠理奈が好きだった

松井珠理奈は、たとえば、
2009年リクアワの『大声ダイヤモンド』や
その後の『マジすかロックンロール』などでは
AKB選抜の中、1人だけ
キレと動きの大きさで目立つ
パフォーマンスをしていたが、
その後、AKB選抜では、
大人しくなっていた。
周囲との調和を
大切にしたのではないかと思う。

しかし、久しぶりに
「やりたい放題やってるなあ」
と思ったのが『ハロウィン・ナイト』だった。
宮澤佐江、松村香織、高柳明音、柴田阿弥と
SKEが5人を占めた選抜に高揚感があったのか。
それとも、松井玲奈卒業発表で
情緒不安定気味だったのか。

筆者が感じていたのは
SKEとしてのアイデンティティだった。

そして、松井珠理奈は、
10月21日深夜の
『オールナイトニッポン』にて
AKBとの兼任停止、SKE専任を発表する。
筆者は、この日の発表は
SKE専任ではないかと予想していた。
雑誌のインタビュー記事など、
いくつか兆候はあったが
『ハロウィン・ナイト』の
振り切ったようなパフォーマンスも
その1つに感じていた。

 

松井珠理奈は
2018年総選挙後の休養復帰に続き、
今回も、復帰後初の公の場は
SKE劇場だった。
松井珠理奈は近年、
劇場公演にほとんど出ていないが、
それでも、心は常に
SKE劇場にあると思う。

SKE劇場公演のDMM中継が始まったのは
2011年2月頃だ。
松井珠理奈は、
当時も東京と名古屋を
行き来する日々だったようだが、
まだ、まずまず劇場に出ていた。
チームS『制服の芽』公演は
ユニットシャッフル中で、
松井珠理奈は『狼とプライド』だった。

それよりももっと前の
なにかの記事だったように思う。
湯浅洋支配人が
「なぜ松井珠理奈なんだ」といった問いに
「劇場の珠理奈を見てくれ」
と答えたものがあったと思う。
筆者は、いやいや劇場見なくても、
松井珠理奈はすごいでしょ
と思っていた(笑)。

その後もチームS公演について、
出演はできなくとも、
感想などはメンバーに送っている
という話は数多い。

誰が何と言おうとも、
松井珠理奈はSKE劇場の人である。

 

受験の勉強法・参考書

Twitter