努力不要論(フォレスト出版、中野信子)

 

努力不要論(フォレスト出版、中野信子)

 

筆者はフジテレビの
ホンマでっか!?TVにも
出演している脳科学者の中野信子さん。
ただし、この本では
科学者達の厳しい目を経た
論文の引用などは
あまり見られないという
批判もあるようだ。

話はまず、前AKBグループ総監督、
高橋みなみさんの有名な発言
「努力は必ず報われる」
から始まる。
それに対し、明石家さんま氏の
「好きだからやってるだけよ、
 で終わっといたほうがええね。
 これが報われるんだと思うと
 良くない。
 こんだけ努力してるのに何でって
 なると腹が立つやろ。」
という考えが紹介されている。
私は「努力を努力と思う人は二流」
と言った人を知っている。
明石家さんま氏に近い考えで、
「好きこそものの上手なれ」の人が
一流ということなのだろう。

ただ、ここで
たかみなさんを弁護しなければならない。
たかみなさんは
AKBグループ総監督の立場上

AKBグループのメンバーに
努力してもらわなければ困る人だった。
本人がそう信じているかどうかはともかく
「努力は必ず報われる」
といったスローガンを
掲げる必要があったのだろう。
そして、特にSKEのメンバーに多いが、
努力の方法が適切ならば、
AKBグループではアイドルとして
ある程度成功できそうなのも事実である。

日本人は幸せ脳内ホルモンである
セロトニンが少ない傾向があり、
不安になりがちで慎重、
という事実は自覚しておくと
いいかもしれない。
筆者は、だから日本人は
0から1を作るような
イノベーションは苦手なのだと
示唆している。

「努力不要論」という題名は
おそらく売るために出版社が
つけたもので、著者の本意では
ないのかもしれない。
論文の引用などは
あまり見られないものの
それほどおかしなことが
書いてあるとも思わない。
表紙にあるように
「がんばってるのに報われない」
と思ったら読むと
新たな気づきが得られるのでは
ないだろうか。

 

受験の勉強法・参考書

Twitter