SKE48 斉藤真木子がまたしても相撲で優勝!

 

SKE48 斉藤真木子がまたしても相撲で優勝!

 

SKE48の冠番組
『ZERO POSITION』の
2019年5月18日放送分にて、
SKE2期生の10周年記念の沖縄ロケで
北川綾巴を加えた4人で
相撲対決が行われ、
斉藤真木子が優勝した。

斉藤真木子は
フジテレビ『※AKB調べ』という番組の
2015年2月19日放送分
『ケンカが強そうなメンバーが
 テッペン目指してガチ決闘!
 一位は誰?』
の相撲対決にて、
肩幅で有名なNMB岸野里香、
大本命AKB島田晴香に連勝し、
「AKBケンカ最強」に輝いていた。
特に、決勝の島田晴香戦は
鮮やかな内掛けで秒殺だった。

余談だが、この対決は、
斉藤真木子と石田安奈がSKE2期生で、
AKB9期(SKE3期とお披露目が同日)の
大本命、島田晴香より先輩で、
島田に対して遠慮なく
言いたい放題だったことも

面白かった原因の1つだと思う。
石田安奈も、1回戦で、
HKTの今田美奈に勝ち、
島田晴香と対決していた。

SKEで相撲といえば、
さらにさかのぼって、
『有吉AKB共和国』
2013年10月1日放送分で、
菅なな子が、
川栄李奈
小嶋陽菜
川栄李奈(再戦)
という、今考えると、
けっこうすごいところに連勝している。
5期研究生を鍛え上げた斉藤真木子と
5期のエース菅なな子の
「SKE最強研究生」の2人の
師弟対決も見てみたかったなあ。
筆者の記憶では、
菅なな子の卒業公演で
斉藤真木子は泣いていたと思う。

斉藤真木子は、
2018年12月に放送された
ネ申テレビの運動会の50m走で
松井珠理奈、高柳明音など
2011年の週刊AKBで競った
かつてのライバルスプリンターが
衰えを見せる中、
7秒6の記録で、
2位石黒友月の8秒2に大差をつけ
ぶっちぎりで優勝していた。

今後も斉藤真木子の
基礎運動能力、センスに注目しよう!

 

 

受験の勉強法・参考書

Twitter