【感想】将棋界のゆかいな人々 編集者T君の謎(大崎善生、講談社文庫、角川文庫)

 

【感想】将棋界のゆかいな人々 編集者T君の謎(大崎善生、角川文庫)

 

著者は大崎善生さんです。
早稲田大学卒業。
ただし、大学にはあまり行かず、
新宿将棋センターで
ひたすら将棋を指していたそうです。
日本将棋連盟に就職し、
後に『将棋世界』誌の
編集長になります。

2000年、
29歳で早世した
村山聖九段のノンフィクション
『聖の青春』で作家デビュー。
この経緯も本書では書かれています。

2003年、女流棋士の
高橋和さんと結婚しています。

本書は2002年頃に
『週刊現代』誌に連載された
エッセイを再編集したものです。

 

第1章では、
羽生善治、加藤一二三、佐藤康光、
森下卓、村山聖、森内俊之、
谷川浩司、島朗といった、
当時のトップ棋士について
書いています。

加藤一二三九段が、
相手側から将棋盤を眺める
「ひふみんアイ」は、
近年、ひふみん人気によって、
将棋をよく知らない一般人にも
知られたかもしれません。
その加藤一二三九段が、
先後同型の局面で
「ひふみんアイ」をしていた話。

大崎善生さんが、
後の名人、現日本将棋連盟会長、
佐藤康光を怒鳴りつけた話。

挨拶の帝王、森下卓が、
大崎善生さんの授賞式の3日前から、
風邪をひいた自分の体調を
留守電に入れ続けた話。

村山聖と佐藤康光が、
なぜ感情むき出しの
ライバル関係だったのか。

谷川浩司が「光速流」の信用で
10勝ほど得しているが、
無理に詰ましに行って
10敗ほどしている話。

 

第2章では、
将棋界を訪れた有名人についても
書いています。

華原朋美が将棋会館の
道場に通っていた話。

村山富市元首相や
田中真紀子元外務大臣が
将棋会館を訪れた話。

本書の題名になっている
編集者T君も第2章で初登場します。

第3章では、
升田幸三、大山康晴、
森安秀光、芹沢博文といった、伝
説の名棋士について書いています。

日本将棋連盟に就職して
間もない大崎善生さんと、
十五世名人、時の日本将棋連盟会長、
大山康晴が、職員旅行の昼食の
イカソーメンが高いのどうのと
争った話は面白いです。

 

第4章では、
女流棋士について書いてあります。

米長邦雄の自宅で
先崎学とともに
内弟子をしていた林葉直子。
中倉彰子・宏美姉妹。
詰将棋で看寿賞を受賞した、大
崎善生さんと結婚する前の高橋和。
フリーセルの難問を前に
初手を動かさず40分考えつづけ、
投了した斎田晴子。
今は将棋界を去った坂東香菜子。

 

第5章では、
個性派棋士について書いています。

村山聖、山崎隆之、糸谷哲郎らの
師匠である森信雄。
ゴキゲン中飛車の創始者、
いつもゴキゲンな近藤正和。
パチスロの神様、中田功。
森信雄門下で奨励会を退会し、
世界を放浪した江越克将。
2021年にA級に初昇級した、
森信雄門下の山崎隆之。
奨励会三段リーグで、
競争相手三人が負けたために
四段昇段を果たし、
プロ入り後アマチュア快進撃の
ストッパー役を果たした、中座真。
渡辺明の師匠で
中国への将棋普及に
大きな貢献があった所司和晴。
真剣師、小池重明。

 

第6章は、
大崎善生さんの連載期間中の
ヨーロッパ放浪中の出来事、
ヨーロッパの将棋事情などについて
書かれています。

 

全体として、将棋界について、
面白おかしく、ユーモアを交えて、
かつ、敬意を持って
書かれていると思います。
一方、元将棋連盟の職員で
退職して外部の人間となった身から、
ほんの少し、
将棋界に対する辛口な進言も見られます。
もともと、『週刊現代』誌という、
将棋専門誌ではない雑誌への
連載なので、
将棋界をよく知らない一般人にも
わかりやすいと思います。

 

目次

1.天才たちのスーパーバトル

2.将棋中毒者の生活と意見

3.大棋士ここだけの話

4.今宵も女流は花ざかり

5.純情個性派に乾杯!

6.将棋は世界を駆け巡る

 

将棋ゼロから10級への勉強法
将棋10級から5級への勉強法
将棋5級から初段への勉強法

Twitter